[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

村田諒太、SNSの関係は「友達と思われへん」 ネット時代に居場所を作る「志」の輪

「居場所なんか作ろうと思って作ってるわけちゃいますよ。勝手にできるもんです。例えば高校のインターハイだったら、みんなで『団体の総合優勝しようや』という中で人と人との関係がある。そういうリアルな付き合いの中で居場所は勝手にできてくるんですよ。『ここに場所を作るから私の居場所がほしい』ってやる人がいますけど、そんなんちゃいますよ。今のSNSなんかもアピール、アピールで自分の居場所を確立しようとしますけど、あんなんじゃできひんて。あんなの『空想の世界やからな』って思って見てますもん」

村田諒太が語るSNS時代の「居場所」について【写真:石渡史暁】
村田諒太が語るSNS時代の「居場所」について【写真:石渡史暁】

「居場所がない」と悩む人へのヒントに、ネット全盛時代に必要な村田諒太の言葉

「居場所なんか作ろうと思って作ってるわけちゃいますよ。勝手にできるもんです。例えば高校のインターハイだったら、みんなで『団体の総合優勝しようや』という中で人と人との関係がある。そういうリアルな付き合いの中で居場所は勝手にできてくるんですよ。『ここに場所を作るから私の居場所がほしい』ってやる人がいますけど、そんなんちゃいますよ。今のSNSなんかもアピール、アピールで自分の居場所を確立しようとしますけど、あんなんじゃできひんて。あんなの『空想の世界やからな』って思って見てますもん」

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 WBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)。Zoomによるリモート取材は、軽妙な関西弁が流れていた。パソコン画面を通しても、34歳の言葉はいつも熱い。人と人との繋がりがSNSを中心としたネット上に偏りがちな現代社会。南京都高(現京都廣学館)、東洋大、帝拳ジムのそれぞれで輪の中心にいるような存在に“居場所の作り方”を聞いたが、答えはなかった。

 世界を襲う新型コロナウイルス。ボクシング界でも興行中止や延期が相次ぎ、村田の次戦も定まらない。自粛期間中はジムも閉鎖となり、練習は自宅でできるトレーニングが中心。外出自粛で人との触れ合いが希薄となった今、自分にとっての「幸せの原点」に気づかされたという。

 アマチュア時代に日本代表で同期だったメンバーから「お前、サプライズで顔出してくれ」とリモート飲み会の誘いを受けた。当時の先輩やコーチなど、勝手知った仲の輪に現役世界王者が登場すると盛り上がる。ああでもない、こうでもないと昔話に花を咲かせた。

 これまでと同じ集まりに「リモート」の枕言葉がついただけ。人間関係に何の変化もなかったが、離れていてもそこには生身の人間の温もりがあった。

「仲の良かった全日本メンバーで盛り上がっていたんですけど、あれを初対面の人とやらされてたら何もおもんないんですよ。そのコーチとも、同期とも、実際にいろんなことがあった。その上で話をしたから『なんやめっちゃおもろいやん』ってなって、時間も早く過ぎました。でもこれね、何もない関係でやれと言われたって苦痛ですよ。だから、リアルな付き合いって必要やと思いますね」

 コロナ禍に「リモート〇〇」が流行したことで、ネット上で人との距離が逆に近づいたことが世間で話題となった。しかし、村田の中では違う。「幸せ」や「楽しさ」を感じる瞬間は、「リアルな付き合い」を前提に成り立っていた。

「こんな時でもナンキン(南京都高)って関係が深いんですよ。やっぱりお互いのことを心配してるし、お互いのために協力しようとするし、本当に南京都でよかったなって思うんですよね」

 こう語ると、南京都高で3学年上にいた先輩の話に及んだ。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集