[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

25歳で「戦力外→社長」に 元DeNAドラ2右腕の今、異例の転身を遂げたワケ

資金繰りには一切困らず「銀行の融資とかは全く考えなかった」

 とはいえ「野球しかやってこなかった」という本人からすると、未体験のことばかり。「全く別の業界、世界に飛び込む不安だったり、パソコンの使い方にしろ、ネット業界の言葉にしろ、わからないことだらけでした。苦戦しましたし、今でも不安なこともありますが、いろいろな方に支えられて成り立っています」。起業を支援しているのが、会計ソフトのサービスなどで知られるfreee株式会社だ。昨年11月にNPB選手会を経由して紹介を受け、「会社設立freee」のサービスにより、必要な手続きのサポートを受けている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 がらりと変わった生活に慣れるのにも必死だ。「(球団の)寮の時は『朝何時にご飯を食べないと罰金』とかがあったけど、それがなくなってしまって、今は何も決められていない。人生初の一人暮らしなので……自由なのはいいなと思うんですけど、今まで規則正しい生活をしてきたので、不安になりますね」と頭をかく。サイトが完成するまでの時間を有効活用するため、朝から勉強会、異業種交流会などに参加し、自己研鑽に励んでいる。

 一方で、資金繰りの問題はなかった。「予算内でできるなという計算もあったし、銀行の融資とかは全く考えなかった」。DeNAとの契約金7000万円は、実家と自身の車の費用に充てた以外、手を付けなかった。東海大北海道時代はアルバイト禁止で月のお小遣いは約2万円。寮生活もプロが初めてだったため「いきなりプロになって金銭感覚が狂ってしまう」と危惧。契約金は銀行員の父に預け、年俸も毎月20万だけ自身の口座に振り込まれるようにして、残りは別の口座で父に管理を任せていた。

 全幅の信頼を置いている父の教えで、今も大事にしていることがある。「プロ野球が終わってからの人生の方が絶対に長いから、人とのつながりを大切にしておけよ」。ドラフト指名を受けてから、会うたびに言われてきた言葉だ。3年間のプロ生活は、大部分が怪我との闘いだった。だからこそ「ずっと思っていたし、頭によぎっていた」。新入団選手発表会では、色紙に「謙虚」としたためた。父の金言を反映させたものだ。

「僕は人とのご縁で今後も人生は成り立っていくと思う。謙虚さは心の中で絶対に思っていること」

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集