[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • 日本が韓国のライバルになった日 「アジアで最もテクニカルなチームに変貌した」

日本が韓国のライバルになった日 「アジアで最もテクニカルなチームに変貌した」

「日本がアジアで最もテクニカルなチームに変貌していた。ものすごくショックで、しばらくチーム内でも誰も口を開くことがなかった」――ホン・ミョンボ(元韓国代表)

1993年W杯アジア予選で日本に敗戦、ホン・ミョンボは「ひどく落ち込んだ」と回想

「日本がアジアで最もテクニカルなチームに変貌していた。ものすごくショックで、しばらくチーム内でも誰も口を開くことがなかった」――ホン・ミョンボ(元韓国代表)

 韓国は世界に出て行く上で、日本にとって常に大きな壁だった。特に日本が1968年メキシコ五輪で銅メダルを獲得してから低迷期に入り、一方で韓国がプロ化を実現する1980年代は、完全に力の差が浮き彫りになった。

 例えば1984年には、森孝慈監督率いる日本代表が初めてソウルで勝利を収めるが、対戦したのは韓国のBチームで、主力選手たちはゆっくりとスタンドから観戦していた。当時の日本代表ボランチだった宮内聡氏などは、「まず、あいつら(主力)を引っ張り出さなくちゃ」と話していたそうである。

 だが日本がJリーグ創設へと動き出し、代表チームにもオランダ人のハンス・オフト監督を据えると、様相が一変した。冒頭に記したのは、1993年アメリカ・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選で日本に0-1で敗れたことに関して、韓国代表DFホン・ミョンボが話した言葉である。

「もちろん、Jリーグができてブームが起こっていることは知っていました。でもそれまでは、日本が相手なら1対1でも組織としても、すぐにゲームを支配することができた。ところが日本はいろんな部分で成長していて、最もテクニカルなチームに変貌していた。

 DFの立場からすると、日本の選手たちは、とても捕まえにくい動きをするようになっていた。日本は本当に強くなったんだな、と、それからライバルとして意識するようになりました。逆に私たちは、アジアでNO1の座にアグラをかいていたのか、とひどく落ち込みました」

1 2

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー