[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「好き」を「嫌い」にしないため 日本人指導者が北米で体感した根性論じゃない指導

鈴木氏が語る「褒めながら伸ばす」指導とは【写真:荒川祐史】
鈴木氏が語る「褒めながら伸ばす」指導とは【写真:荒川祐史】

「いい部分はちゃんと取っておいて、足りない部分は伸ばしていこう」

 当時の日本スポーツ界は、根性論が全盛。ミスを怒られ、人前で怒鳴られることが当たり前だった世界から、太平洋を越えた先には、まったく違う世界が待っていた。「単純に上手いとか下手とかではなく、自分の長所をどう生かすか。すごく勇気に繋がりました」と振り返る。

「試合でいい結果が出なかったり、自分のプレーに納得がいかなかったりすることもある。でも、自分の長所を伝えてもらうことで、いい部分はちゃんと取っておいて、足りない部分は伸ばしていこうって考えられるようになりました。もちろん、怒られたり注意されたりすることもありますけど、その理由はちゃんと説明してくれましたね」

 コクド入社後の2002年にも1シーズン、米イーストコーストホッケーリーグのシャーロット・チェッカーズに所属。ここではさらに、チャンスは自分で掴みにいくものだと実感することになる。

「北米では、NHLを頂点に育成システムが出来上がっています。いい選手はどんどん上のレベルに行けるし、足りない選手は下で経験を積んで、成長して戻ってこいよ、という感じ。日本のように『何とかしてこの選手を引き上げよう』と必死に育成するんじゃなくて、選手の自主性に任せる部分が大きいんです。もちろん、何が足りないのかは伝えてくれますけど、やるかやらないかは選手次第という、ある意味、すごくドライな環境。自分でチャンスを取りにいかないと成長に繋がらない、自然とハングリーになる環境がありました」

 こういった経験は、コクド(後のSEIBUプリンスラビッツ)、日光アイスバックス、日本代表でキャプテンとしてチームをまとめる時はもちろん、指導者となった今、選手個々の成長を促す時、鈴木氏が実践するコーチングの「土台」となっている。

「いい点を見つけてあげよう、というのは心掛けています。それは小学生を教える時でも、大学生を教える時でも変わりませんね。自分もいい年齢まで現役をやらせていただきましたけど、やっぱりどの年齢でも褒められたら嬉しいですから(笑)。それは共通です。アカデミーの子どもと大学生では、言葉遣いは変えたりしますけど、基本的にいいところを褒めるのは変わりません」

 子どもたちがいつまでも「楽しい」という気持ちを持ち続けるために、そして「好き」を「嫌い」に変えないために、「褒めながら伸ばす」指導を実践していく。

(THE ANSWER編集部・佐藤 直子 / Naoko Sato)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集