[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

今の子どもの指導に悩む大人へ ストリートスポーツ界のカリスマは「一切教えません」

日本が世界に誇るストリートスポーツの世界大会「ARK LEAGUE」。2013年に神戸でBMXフラットランドの世界大会「FLAT ARK」としてスタートし、2017年にはスケートボードの世界大会「SKATE ARK」が加わって「ARK LEAGUE」となった。さらに2019年には、パリ五輪から追加競技となるブレイキンの世界大会「BREAK ARK」が仲間入り。同年から舞台も神奈川県寒川町に移し、3日間で国内外から約2万5000人が来場する大盛況となった。

BMXのプロライダー内野洋平(右)とプロスケートボーダー瀬尻陵(左)【写真:松橋晶子】
BMXのプロライダー内野洋平(右)とプロスケートボーダー瀬尻陵(左)【写真:松橋晶子】

「一緒に謎を解いていく感じ」、BMX内野洋平とスケボー瀬尻稜が語る子どもへの教え方

 日本が世界に誇るストリートスポーツの世界大会「ARK LEAGUE」。2013年に神戸でBMXフラットランドの世界大会「FLAT ARK」としてスタートし、2017年にはスケートボードの世界大会「SKATE ARK」が加わって「ARK LEAGUE」となった。さらに2019年には、パリ五輪から追加競技となるブレイキンの世界大会「BREAK ARK」が仲間入り。同年から舞台も神奈川県寒川町に移し、3日間で国内外から約2万5000人が来場する大盛況となった。

 ARK LEAGUEの創始者で、BMXフラットランド界のカリスマ・内野洋平は現在、大会の拠点となった寒川町に移住。自らのスキルアップに努める一方で、地域の子どもたちにBMXの魅力を伝える活動をしている。子どもたちに教える時、内野が実践するのは「押しつけないこと」だ。

「好奇心が大事ですよね。勉強もそうですけど、誰かにやらされているのか、自分でやっているのか、で変わるって言うじゃないですか。BMXも全く一緒です。僕も息子がいて一緒に自転車に乗るんですけど、一切教えません。でも、子どもの中でやりたい技があれば聞いてくるんですよ。『どうすればいいの?』って。そうやって聞いてきた時には教えます。まずは自由にやらせて、壁にぶち当たるまで待つスタンスですね」

 内野と全く違うアプローチを取っていたのは「SKATE ARK」のオーガナイザー、瀬尻稜の父だ。瀬尻がスケートボードを始めたのは幼稚園の頃。サーファーだった父から教えてもらった。

「練習に行く時は、大体父ちゃんが一緒に来て、見てくれました。父ちゃんはスケボーの知識はそんなになかったんですけど、自分でビデオを見て勉強して『ここはこうだよ』って教えてくれて、いろんな場所にも連れて行ってくれました。仕事のない週末とか、平日でも仕事が終わってから、空いている時間はいつもスケボーに費やしてくれていたんですよね。母ちゃんもそれをサポートしてくれて、とにかく自分がスケボーすることに関しては、ずっと応援してくれましたね」

 熱心な父の指導もあり、瀬尻は11歳にして日本スケートボード協会のプロクラスグランドチャンピオンを史上最年少で獲得。国内で次々に優勝を飾り、海外の大会にも出場し始め、“天才スケーター”と大きな注目を集めた。内野が初めて瀬尻と会ったのは、瀬尻が10歳の頃。「稜は珍しいタイプ」と話す。

「親が子どもに教える場合は、親子の関係が良くないと伸びないですよね。稜は結構、英才教育だったと思うんですけど、仲がいいし、リスペクトもしている。今はもう自由にしているけど、当時はやっぱり嫌になったこともあると思うんですよ。親はその技をできないのに、それでも上から『やれ』って言われるわけじゃないですか。子どもだったら『自分でやってみろよ』って言いたくなる時もあると思うんです。そういうケースは僕が教えていてもあるんですよ」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集