[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

イチロー氏、19年前の“レーザービーム誕生”の瞬間に米興奮「塁審まで驚いてる」

米大リーグ(MLB)のマリナーズで会長付き特別補佐兼インストラクターを務めるイチロー氏。昨年3月に現役引退したレジェンドは数多の伝説を打ち立ててきたが、象徴的シーンが再注目されている。19年前の2001年4月11日、全米を驚愕させたMLB1年目のレーザービームだ。実際の動画をマリナーズが公式ツイッターで公開すると「レジェンド到来の日」「歴代トップ10に入る選手」などと多数の反響が寄せられた。

マリナーズのイチロー球団会長付特別補佐兼インストラクター【写真:Getty Images】
マリナーズのイチロー球団会長付特別補佐兼インストラクター【写真:Getty Images】

「レーザービーム」誕生となったMLB1年目神送球に米再注目

 米大リーグ(MLB)のマリナーズで会長付き特別補佐兼インストラクターを務めるイチロー氏。昨年3月に現役引退したレジェンドは数多の伝説を打ち立ててきたが、象徴的シーンが再注目されている。19年前の2001年4月11日、全米を驚愕させたMLB1年目のレーザービームだ。実際の動画をマリナーズが公式ツイッターで公開すると「レジェンド到来の日」「歴代トップ10に入る選手」などと多数の反響が寄せられた。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 海を渡ってきた28歳の強肩で、球場が興奮に包まれた。アスレチックス戦の8回1死一塁。ライト前への打球に猛チャージすると、スムーズな動きから三塁へ矢のような送球。物凄い勢いの送球は、糸を引くような軌道で三塁手へ、ノーバウンドでストライク返球。捕球時には二塁を回っていたテレンス・ロングを刺した。

 この時、実況が「レーザービーム」と表現したフレーズが後に浸透することとなった神送球に、観客は大興奮。イチローのスーパープレーを称えた。マリナーズ公式ツイッターが当時の動画を公開すると、瞬く間に再生65万回を突破。19年前を懐かしむ米ファンからのコメントが多数寄せられた。

「決してこの試合を忘れない。レジェンド到来の日だ」
「塁審まで驚いてるように見える」
「これ覚えてる。彼の肩はすごいよ」
「イチローは歴代トップ10に入る選手。他の人がどう言おうとも」
「昨日のことのように覚えてる」
「最高」
「球場で見ていて興奮した」
「イチローが恋しい」
「彼は肩にキャノン、史上最高のバッターで5本の指に入るベースランニング」
「アスレチックスのファンからも拍手を」

 MLB1年目のこの年、イチロー氏は史上2人目となる新人王とMVPを同時獲得。首位打者、盗塁王、シルバースラッガー賞、ゴールドグラブ賞なども獲得した。走攻守に渡ってメジャーに与えた衝撃は、19年が経過する今も残っているようだ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集