[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【サッカー】大津が“脇役”の活躍で公立校唯一の8強進出、指揮官評価「あいつは切り込み隊長」

指揮官も貢献度の高い大竹を評価「前で意地をだしてやる奴がいないと」

 U-18日本代表に入っている水野は、大竹にとって頼れるエースではあるが、同時に同じ攻撃的ポジションの先発を争うライバルでもある。大竹は「水野が点取り屋。自分は、その試合で点を取れなくても(水野)雄太が点を取れるようなシーンを自分が作り出すとか、攻撃の流れを良くしていこうと考えている。でも(水野に得点力でも)負けないようにと思っているし、刺激はもらっている」と話した。

 大竹は、前日の2回戦、昨冬に全国高校選手権を制した前橋育英高校(群馬)を3-0で破った試合でもゴールを決めており、2試合連続得点。平岡和徳総監督は「あのタイプは、点を重ねることで調子を上げてくると思う。あいつは、競り合いが強い、切り込み隊長。ああやって前で意地を出してやる奴がいないと、こういう連戦や、みんなが下を向くときに、誰も顔が上がらない」と存在価値を評価し、さらなる活躍に期待をかけた。

 前線で攻守にひたむきに戦う大竹のプレーが、公立校唯一のベスト8進出を支えている。チームの目標は、初優勝。1日空けて、11日に行われる準々決勝では、昌平高校(埼玉)と対戦する。大竹は「しっかり前から守備をかけて、1点でも多く取って後ろを楽にして勝たせたい」と意気込みを示した。信頼度の高い脇役は、次の試合も必ず走る。そして、3戦連続のゴールを狙い続ける。

(平野 貴也 / Takaya Hirano)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集