[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【バスケ】激戦区・東海から名乗り 四日市商が第2シード破り8強「まだまだ上を目指す」

177センチの長身エースが相手のキーマン封じる

「相手の11番がU-17に選ばれている選手と聞いていた。ここのチームでは自分が一番の長身(177cm)なので、インサイドで粘って、自分がリバウンドのボールを取ることで、他の選手が楽にシュートを打てたり、相手の選手も嫌がるかなと思って一生懸命やりました」と話す堀江の献身的なプレーが大阪薫英の森岡をわずか8得点に抑え、残り1分5秒で森岡をファウルアウトに追い込む。

 同点で迎えた残り27秒には、「こういう時こそ自分がいかなればとけない」と井谷が渾身のドライブが決めて、四日市商業が60-58と2点リードする。さらにファウルで得たフリースローを確実に沈め、63-58で大阪薫英を破り、べスト8進出を決めた。

 試合が終わった瞬間には田中万衣羽(2年)がうれし涙を流すなど、ひとつの山場を越えた四日市商業だが、ここで終わるつもりはない。「僕らは公立高校で(身長が)大きい子がいるのは稀にしかない。そういう意味では、今年のチームは一人大きい子(堀江)がいるので、チャンスがあればまだまだ上を目指したい」と横山俊幸コーチは言う。

 揃って取材エリアに現れたキャプテンの井谷と22得点をマークしたエース・堀江も「目標はベスト4」と口を揃える。東海地区の強豪と切磋琢磨し、培ってきた「粘り強さ」で、三重県、そして“泗商(ししょう)”の名を全国に轟かせる。

(山田 智子 / Tomoko Yamada)

1 2

山田 智子

愛知県名古屋市生まれ。公益財団法人日本サッカー協会に勤務し、2011 FIFA女子ワールドカップにも帯同。その後、フリーランスのスポーツライターに転身し、東海地方を中心に、サッカー、バスケットボール、フィギュアスケートなどを題材にしたインタビュー記事の執筆を行う。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集