[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

偏差値71、東大志望の山岳男子に聞く「なぜ君は山を登るのか」 山の甲子園に挑む夏

3時間目終了のチャイムが鳴ると理科講義室に集まる県前橋の山岳部【写真:編集部】
3時間目終了のチャイムが鳴ると理科講義室に集まる県前橋の山岳部【写真:編集部】

全国の常連であり続ける理由、潜在能力を最大化する“自分たちの強み”

 では、いかにして他の強豪校を押しのけ、全国の常連であり続けられているのか。

 象徴的なシーンは、昼休みにある。午後12時20分。3時間目終了のチャイムが鳴ると、里見監督が生物の先生であるため、理科講義室に一人、また一人と集まってくる。弁当をつつきながら、三田と内山の3年生を中心にペーパーテスト対策の天気図はもちろん、事前に配られるインターハイ本番の地形図などの読み方をレクチャーしながら、議論も交わす。

 山を登り始めたら、右手には何が見え、左手には何が見えるのか。進路を取る際に目印となるべきものは何か。平面の図を眺め、4人でイメージを膨らませる。表情は真剣そのものだ。その理由を三田はこう話す。

「登山は準備で決まるものです。開会式が始まったら、知識はもう増えない。体力だってそう。登り始めて体力がつくこともない。特に、自分たちは知識で負けていられないですから」

 数十分の昼休みでも成長できる集中力。難関を突破して偏差値71の名門校に合格し、培ってきた長所でもある。経験、体力で劣っても知力を支えとした準備を怠らない。自分たちの強みを知り、潜在能力を最大化して勝負する。それが、山で勝つ武器となる。そして、5月に行われた群馬県高校総体で新島学園ら強豪校を抑えて優勝。インターハイの切符を掴み取った。

 勉強と部活。進学校らしく、互いに生きる“副産物”もある。限られた時間で発揮する最大集中を授業にも生かし、三田は塾に通わず、「家でやらなくてもいいように授業に集中している」と言い、それで理系200人で学年7位に入る成績を誇る。受験に向けても「まずは夏に向けて頑張って、勉強はインターハイが終わった後に」としっかりと計画を立てている。

 また、里見監督はこんな話も明かす。「とにかく真っすぐで、純朴で、気持ちのいい子たちばかり。山に対して、上を目指そうとすることで価値観も変わる。大学選びも、地元の大学で……と思っていたような子が視野が広がり、東京の大学に行ってみたいということだってあるんです」と目を細める。

 第100回を迎える高校野球の夏の甲子園を前に“山岳男子”が挑む「山の甲子園」。野球部やサッカー部のようにホームランを打ったりゴールを決めたりすれば、誰かが歓声を上げるわけでもない。それでも「誰かに見てもらいたくてやっているわけじゃない。自分が全国と山にどれだけ通用するか」と三田は話す。孤独を仲間と戦い、分け合う競技でもある。

 昨年は過去最高の11位に入りながら、目指していた上位入賞は叶わず、先輩が悔し涙を流す姿を見てきた。「出るからには優勝」と4人は口を揃え、最高の絶景を拝むために夏の山を登る。

1 2 3 4 5
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集