[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

亡き母と叔父に感謝の全国V 朝5時から階段2000段登った川崎愛乃「恩返しできたかな」

柔道の全国高校総体(インターハイ)は10日、愛媛県武道館で最終日が行われた。個人戦の女子78キロ級では富士学苑(山梨)の川崎愛乃(3年)が優勝。女子団体戦との2冠を達成した。小学5年の時に母を亡くし、以来育ててくれた叔父も今年3月に他界。「いろんな人に助けられてここまで来られた」と、導いてくれた人たちへ感謝を語った。

女子78キロ級で優勝した川崎愛乃(左)は、78キロ超級で優勝したチームメート山本海蘭とメダルを手に笑顔【写真:宮内宏哉】
女子78キロ級で優勝した川崎愛乃(左)は、78キロ超級で優勝したチームメート山本海蘭とメダルを手に笑顔【写真:宮内宏哉】

インターハイ柔道、女子78キロ級で川崎愛乃が優勝

 柔道の全国高校総体(インターハイ)は10日、愛媛県武道館で最終日が行われた。個人戦の女子78キロ級では富士学苑(山梨)の川崎愛乃(3年)が優勝。女子団体戦との2冠を達成した。小学5年の時に母を亡くし、以来育ててくれた叔父も今年3月に他界。「いろんな人に助けられてここまで来られた」と、導いてくれた人たちへ感謝を語った。

 大一番で強さを発揮した。決勝は佐賀商・中野弥花(2年)と対戦。昨年のインターハイ準々決勝で敗れた相手だった。「先に技をかける」の狙い通り、開始早々に寝技に持ち込んだ。わずか34秒、崩れけさ固めで一本勝ち。リベンジを果たし、拳を突き上げた。

 今大会は女子団体でも大将を務めて優勝。「団体も嬉しかったけれど、違う嬉しさ。団体は自分が負けても取ってくれる。個人は自分の責任だし、自分の力で、というのが大きな違い」と喜んだ。

 宮崎出身の川崎は、双子の兄の影響で小学1年生から柔道を始めた。「1位以外はいらない」といつも叱咤してくれた母を、小学5年の時に亡くしている。兄妹3人が「生きていけない状態になった」ところから救ってくれたのが、母の妹夫婦だった。

 引き取ってくれた叔父は、柔道を熱心に応援してくれた。3年前の金鷲旗高校大会を観戦し、優勝した富士学苑に憧れを抱いた川崎に「行け」と言ってくれた。ずっと面倒を見てくれた大切な存在だったが、今年3月に病死。今大会は叔父にもらった数珠のブレスレットもお守りとしてIDカードのケースに入れ、全国の頂点に立った。

 女子78キロ超級で優勝した山本海蘭(3年)ら他の部員と共に、週3回、早朝5時15分から学校近くの名所・忠霊塔の階段を5往復、計2000段登り降りし続けるなど激しい練習を積み重ねた。故郷を離れた寮生活で、精神的に悩んだこともあったが、矢ずに」の言葉を信じ、結果が出せた。

「自分は人一倍、いろんな人に支えてもらって、助けられてここまで来られた。少しかもしれないけれど、恩返しできたかなって思います」。首から下げた金メダルに視線を落とした川崎は、感謝の気持ちにあふれる微笑みを浮かべていた。

(THE ANSWER編集部・宮内 宏哉 / Hiroya Miyauchi)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集