[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

欠場した主将のために… 名伯楽率いる南浦和中学、2度目の全国大会出場に導いた“力”

第53回関東中学校サッカー大会が8月7~9日まで、山梨県の富士北麓公園陸上競技場などで開催され、さいたま市立南浦和中が3位となり、2019年以来2大会ぶり2度目の全国中学校大会出場を果たした(20年は新型コロナウイルス感染拡大で実施されず)。全国大会は8月18日から5日間、32校が参加して山形県内で開催される。

全国大会出場を決めた南浦和中、参加できなった沼尻爽汰主将のユニフォームを手に集合写真を撮影【写真:河野正】
全国大会出場を決めた南浦和中、参加できなった沼尻爽汰主将のユニフォームを手に集合写真を撮影【写真:河野正】

南浦和中サッカー部が関東大会3位、2019年以来の全国大会出場が決定

 第53回関東中学校サッカー大会が8月7~9日まで、山梨県の富士北麓公園陸上競技場などで開催され、さいたま市立南浦和中が3位となり、2019年以来2大会ぶり2度目の全国中学校大会出場を果たした(20年は新型コロナウイルス感染拡大で実施されず)。全国大会は8月18日から5日間、32校が参加して山形県内で開催される。

 埼玉県予選2位の南浦和中は、1回戦で高根沢町立阿久津中(栃木1位)を5-1で圧倒すると、準々決勝では市川市立第三中(千葉1位)に3-1で逆転勝ち。ベスト4進出により全国大会出場が決まった。

 準決勝では昨夏の全国中学校大会16強の修徳中(東京1位)に1-3と敗れたものの、神立朋次監督はイレブンの努力に目を細めた。「個々の能力ではここ数年で一番劣りますが、一生懸命練習してチーム力を積み上げてくれた。そうやって出場権を取ってくれたことが何より嬉しい」と真っ黒に日焼けした顔をほころばせた。

 一昨年はFW高橋伸太朗(大宮アルディージャU18)とGK嶋田晄樹(鹿島アントラーズユース)らを擁し、青森山田中や静岡学園中と互角のチーム力を誇った。昨年は升掛壮梧(柏レイソルU-18)や畑乙樹(武南高)という得点力のある両MFが在籍。しかし2年前はコロナ禍で、昨年は県大会で敗れて全国中学校大会に出場できなかっただけに、指揮官にとって今回の代表権獲得は喜びもひとしおだろう。

 南浦和中は神立監督が16年4月に着任すると、短期間で埼玉の強豪へ成長。同監督は前任のさいたま市立尾間木中学で6年間指揮を執り、関東大会に4度、全国大会にも3度出場した実績がある。

 赴任3年目の18年に県新人大会で3位に入り、4年目には県学校総合体育大会(学校総体)と関東大会でともに準優勝。新人大会では初優勝を飾っている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集