[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

国学院久我山は「大学生より上」 開幕史上最多8失点完敗の前原“強豪対策”も実らず

第98回全国高校サッカー選手権が30日に開幕し、駒沢陸上競技場で行われた開幕戦は国学院久我山(東京B)が、前原(沖縄)に8-0で大勝。令和初戦で歴史的な勝利を飾った。一方、大敗を喫した前原は、3度目の出場でも全国初勝利をつかむことができなかった。

前原(青いユニホーム)は国学院久我山に敗れ、選手権初勝利とはならなかった【写真:宮内宏哉】
前原(青いユニホーム)は国学院久我山に敗れ、選手権初勝利とはならなかった【写真:宮内宏哉】

大学生相手に対策も…3度目全国で初勝利ならず

 第98回全国高校サッカー選手権が30日に開幕し、駒沢陸上競技場で行われた開幕戦は国学院久我山(東京B)が、前原(沖縄)に8-0で大勝。令和初戦で歴史的な勝利を飾った。一方、大敗を喫した前原は、3度目の出場でも全国初勝利をつかむことができなかった。

 ゴールネットを次々に揺らされた。浴びたシュートは26本、失点は開幕戦史上最多の8を喫した。前原の和仁屋恒輝監督は「完敗です。久我山さんが想像に攻撃のバリエーション、個々の能力が高くて、ミーティングと対策をしていたけど、防げなかった」と完敗を認めた。

 ターニングポイントは「3点目」だった。和仁屋監督は「2-0で折り返したかった。3点目のヘディングがもったいなかった」と語った。前半23分、国学院久我山のFW山本航生(3年)に、フリーキックからヘディングシュートを決められた。主将のMF平川龍(3年)もこの失点の重みを感じた。「自分たちは豊富な運動量があるので、2-0で終わっていたら分からなかったと思う」。豊富な運動量が持ち味。だからこそ後半勝負に持ち込みたかった。「こんな大舞台で戦ったことがなかった。沖縄とは違う寒さがあって、違和感があった」と正直な気持ちも吐露した。

 できる限りの対策は打った。沖縄は全国レベルの強豪校と戦うのが難しい。そこで、地元の大学サッカー部と練習試合を組み、レベルが高い相手に対抗できる力を育んだ。それでも、歯が立たなかった。和仁屋監督は「大学生とも試合をしてきたけど、(国学院久我山は)その上だった」と脱帽だった。

 地元・東京の国学院久我山の「クガヤマサイキョウ」の大応援にも圧倒され、力を発揮しきれなかった。それでも平川は「悔いはあるんですけど、3年間この仲間と戦えて、ここまで来たのも仲間がいたからできたと思う」と胸を張った。開幕戦という晴れ舞台。沖縄から駆けつけた応援団には「感謝です」と笑顔を見せ、ピッチを後にした。

(THE ANSWER編集部・和田 秀太郎 / Shutaro Wada)

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集