[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「最後は私がなんとかするから」― 創部4年目の帝京可児、県の歴史変えた全国初切符

神村伊賀の選手たちと吉永輝彦監督【写真:山田智子】
神村伊賀の選手たちと吉永輝彦監督【写真:山田智子】

8人チームで県新人Vで話題を呼んだ神村伊賀は一歩及ばず

 一方、今年2月の三重県新人戦を8人で戦い、初出場初優勝を飾って話題をさらった神村伊賀は、12人(ベンチにいた1人は体調不良のため実質11人)で3試合を戦い抜き、最後まで粘り強いディフェンスを継続するタフな戦いを見せたが、1分け2敗で初めての東海総体をあとにした。「力の差がだいぶありますね。真剣勝負をさせてもらえる場所に入れるのは経験としてよかった。夏にまた鍛え上げます」と吉永輝彦監督は選手の健闘をたたえ、次を見据えた。
 
 神村伊賀は女子サッカーの強豪校として知られる神村学園(鹿児島)の分校として2017年に開校。昨年女子サッカー部が創部し、長く神村学園中・高等部のサッカー部監督を務めてきた吉永が指導を行う。

 単位制・通信制の学校というイメージから、サッカー漬けの日々を送っていると想像していたが、聞けば毎日学校で1~5限までは授業を受け、練習時間は6限の1時間のみ。部活は行なっていないという。それでここまでの戦いができるのは、末恐ろしい。

「気持ちの強い子たちが集っている。そういう集まりだからこそ、1時間でも意味のある練習ができる。私も一緒にがんばろうと思えるんです」

 また、愛知も4大会連続で全国に出場した聖カピタニオ高校が準決勝で敗れ、豊川が初めて東海大会に駒を進め、健闘を見せた。

 女王・藤枝順心の8連覇、そして創部4年、2年というフレッシュなチームの躍動。東海女子サッカーが新たな時代への突入したことを予感させる大会となった。

(山田 智子 / Tomoko Yamada)

1 2 3

山田 智子

愛知県名古屋市生まれ。公益財団法人日本サッカー協会に勤務し、2011 FIFA女子ワールドカップにも帯同。その後、フリーランスのスポーツライターに転身し、東海地方を中心に、サッカー、バスケットボール、フィギュアスケートなどを題材にしたインタビュー記事の執筆を行う。

インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集