[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「最後は私がなんとかするから」― 創部4年目の帝京可児、県の歴史変えた全国初切符

第66回東海高等学校総合体育大会サッカー競技女子が、22日、23日の2日間にわたり静岡県藤枝市で開催され、岐阜県代表の帝京可児が創部4年目にして悲願の全国大会の切符を掴んだ。

全国大会の切符を掴んだ岐阜県代表の帝京可児【写真:山田智子】
全国大会の切符を掴んだ岐阜県代表の帝京可児【写真:山田智子】

岐阜初の高校総体出場、入学当初13人の部を牽引した寺田主将「やっと、という感じ」

 第66回東海高等学校総合体育大会サッカー競技女子が、22日、23日の2日間にわたり静岡県藤枝市で開催され、岐阜県代表の帝京可児が創部4年目にして悲願の全国大会の切符を掴んだ。

「最後は私がなんとかするから、任せて」

 2節を終えて、藤枝順心が2勝(勝ち点6)で早々と全国を決め、帝京可児が1勝1敗(同4)、豊川と神村学園伊賀分校が1分け1敗(同1)。どのチームにも全国のチャンスがある状況で迎えた最終節。緊張が見られる仲間に、帝京可児のキャプテン・寺田音羽(3年)はそう声を掛けた。

 再三あと一歩のところまで迫りながら、神村伊賀の粘り強いディフェンスを打破できず0-0のまま迎えた後半33分(35分ハーフ)。神村伊賀DFがヘディングで弾き出したセカンドボールに反応した寺田が右足を振り抜く。豪快な一撃はきれいな弧を描き、ゴール右隅へと伸びていく。スタジアム全体が、その弾道を祈るように見守る。神村伊賀のGK中島桃愛(1年)も懸命に反応したが、届かない。ボールがネットを揺らすのを見届けると、寺田は両手を突き上げて喜びを爆発させた。一人、また一人とチームメートが駆け寄り、笑顔の輪が広がった。

「やっと、という感じです。今年はどうしても全国に行くという強い決意で、1期生の願いやベンチ外のメンバーの気持ちを背負ってがんばりました。全国を決めることができて、ホッとしています。私が1年生の時は部員が13人しかおらず、11vs11の紅白戦ができないなど苦労もしたので、うれしさが溢れてしまって」と寺田は弾けんばかりの笑顔で語った。

 岐阜県の女子サッカーにとっても、歴史を変える偉業だった。静岡、愛知、岐阜、三重の各代表校による総当たりのリーグ戦を行い、上位2チームが全国大会への出場権を手にする東海予選。女子サッカーが高校総体の種目に加わった2012年より、全国優勝経験を持つ静岡県代表の藤枝順心が第1代表の座を一度も譲らず君臨。愛知県代表の聖カピタニオと三重県代表の三重が第2代表の座を分け合ってきた。

1 2 3

山田 智子

愛知県名古屋市生まれ。公益財団法人日本サッカー協会に勤務し、2011 FIFA女子ワールドカップにも帯同。その後、フリーランスのスポーツライターに転身し、東海地方を中心に、サッカー、バスケットボール、フィギュアスケートなどを題材にしたインタビュー記事の執筆を行う。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
FIBAバスケットボールワールドカップ2019 日本代表戦・全試合ライブ中継
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集