[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

中学時代は“無名選手”ばかり 東京からインターハイ初出場、発掘と育成で「大成」だ

「南部九州総体2019」(インターハイ)の男子サッカー東京都大会は、22日に駒沢第2球技場で準決勝を行い、第1試合は大成がPK戦の末に帝京を破り、全国大会初出場を決めた(東京都は上位2校に出場権)。

全国大会初出場を決めた大成高校サッカー部【写真:平野貴也】
全国大会初出場を決めた大成高校サッカー部【写真:平野貴也】

帝京撃破で全国大会初出場、豊島監督「誇りに思うし、よく戦ってくれた」

「南部九州総体2019」(インターハイ)の男子サッカー東京都大会は、22日に駒沢第2球技場で準決勝を行い、第1試合は大成がPK戦の末に帝京を破り、全国大会初出場を決めた(東京都は上位2校に出場権)。

 大成は、三鷹市にある私立校で、じわりじわりと成績を伸ばしてきた。昨年度の高校選手権では、Aブロック決勝で準優勝。今年度は、関東大会予選でベスト4。どちらも「東京都代表」の権利獲得の一歩手前で敗れた。インターハイ予選は、いわば3度目の正直。豊島裕介監督は「中心選手のDF佐藤イライジャ(3年)が出場停止でいない中、選手たちがいつも以上の準備をしていたので、今日の選手がベストメンバー。誇りに思うし、よく戦ってくれた。嬉しい」と教え子たちを称えた。

 試合は、互いがセットプレーでゴールを奪い合う展開からスタートした。前半9分、大成はMF宮脇茂夫(3年)がFKでロングフィードをゴール前に飛ばすと、相手が一度反応したが、ゴールの枠を外れると判断してスルー。しかし、ボールはポストをたたいてゴールへ飛び込み、先制点となった。ところが4分後、今度は帝京が自陣でFKを得た場面でDF鳥木秀音(3年)がロングパスを送ると、左MF高橋岳(3年)が反応の遅れた大成守備網をドリブルで破り、ゴール前でラストパスを受けたMF小島匠瑛(3年)が同点ゴールを押し込んだ。

 その後は、全体的に帝京が押し込む時間帯が長かったが、大成は、この日のテーマとしていた守備で対抗。試合は、1-1で決着がつかず、延長戦も得点なし。勝敗は、PK戦に委ねられたが、それでも長期戦となった。勝負がついたのは、9人目。先攻の帝京のキッカーが、クロスバーに当てて失敗した後、大成がキックを成功させ、歓喜を爆発させた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プロ野球開幕、徹底ライブ中継に見逃し配信も
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集