[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本一の大阪桐蔭に根付く「自分たちが一番弱い」の意識「今日でメンバーは解散します」

第52回明治神宮野球大会(神宮)は25日、高校の部決勝で大阪桐蔭(大阪)が広陵(広島)に11-7で勝利を収め、18年ぶり2度目の決勝で初優勝を飾った。来秋ドラフト候補の3番・松尾汐恩捕手(2年)の2本塁打を含む18安打の猛攻。春夏の甲子園、国体に続く4大大会制覇を果たした。春夏通算8度の甲子園優勝を誇る西の横綱。新チームの根底には「しぶとく、泥臭く」という意識があった。

明治神宮大会初優勝を決め、マウンドで喜ぶ大阪桐蔭の選手たち【写真:中戸川知世】
明治神宮大会初優勝を決め、マウンドで喜ぶ大阪桐蔭の選手たち【写真:中戸川知世】

明治神宮野球大会高校の部決勝

 第52回明治神宮野球大会(神宮)は25日、高校の部決勝で大阪桐蔭(大阪)が広陵(広島)に11-7で勝利を収め、18年ぶり2度目の決勝で初優勝を飾った。来秋ドラフト候補の3番・松尾汐恩捕手(2年)の2本塁打を含む18安打の猛攻。春夏の甲子園、国体に続く4大大会制覇を果たした。春夏通算8度の甲子園優勝を誇る西の横綱。新チームの根底には「しぶとく、泥臭く」という意識があった。

 大阪桐蔭が派手に、かつ抜け目なく勝ち切った。0-0の3回に4連打を含む5安打4得点。4回には、松尾の左越え3ランで突き放した。9-6と迫られた7回にも2打席連発の高校通算17ソロ。一瞬でも隙があれば、全員が次の塁を奪いに行く。星子天真主将(2年)は「新チームが始まってこの秋の日本一を目標にしてやってきた。達成できてうれしい」と汗を拭った。

 春夏8度の甲子園優勝を誇る西の横綱。だが、西谷浩一監督は「謙遜しているわけではなく、力は不安定」と今年のチームについて語る。個々の能力は昨年までの方が上。ナインも自覚し、星子は「力がないとわかっているので、力のある相手にどう戦うか。とにかく束になって泥臭く戦おうと話をした」と結束力を磨いてきた。

 声を出し、基礎を徹底。ひたむきに努力を重ねてきた。この日、松尾の3ラン直前の打者は送りバント失敗。全18安打のうち、内野の頭を越えるお手本のような単打を連発した。ベンチ入りの18人中17人が出場し、毎回安打の11得点。この中に現チームの力があると、指揮官は言う。

「力が不安定な中で、誰かがミスをしても誰かがカバーしてくれた。その繋がりだと思います。長打を打てるチームじゃない。しぶとく、しぶとくセンター返しをした結果。今日は戦う前から総力戦でいこうと話していた。全員で勝ち取った勝利。スタンドも含めて41人の勝利だったと思います」

 創部以来初めて秋に結果を残したチーム。根尾昂(現中日)、藤原恭大(現ロッテ)らを擁し、春夏連覇を達成した2018年以来のセンバツ優勝へ、新たな戦いはすぐに始まる。指揮官は「今日でメンバーは解散します。明日の夜も実戦です。まだまだ自分たちが一番弱いと思って新たなチームをつくっていきたい」と切り替え。主将も「引き続き、泥臭く、しぶといチームをつくっていきたい」と喜びに浸ることはない。

 冬は全部員の競争期間。底力を上げる時間が始まる。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集