[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

国学院久我山が初戦敗退 佐々木麟太郎に48号被弾、監督は「勝負に向かったこと収穫」

第52回明治神宮野球大会が20日、東京・神宮球場で開幕。高校の部では、国学院久我山(東京)が花巻東(岩手)に3-6で敗れた。1点リードの7回に4失点して逆転負け。注目の1年生・佐々木麟太郎内野手を擁する相手打線に屈したが、尾崎直輝監督は「点数取られるのは覚悟していた。勝負に向かってくれたと思うので、そこは収穫だと思う」と語った。

円陣を作った選手に声をかける国学院久我山・尾崎監督【写真:荒川祐史】
円陣を作った選手に声をかける国学院久我山・尾崎監督【写真:荒川祐史】

明治神宮野球大会が開幕

 第52回明治神宮野球大会が20日、東京・神宮球場で開幕。高校の部では、国学院久我山(東京)が花巻東(岩手)に3-6で敗れた。1点リードの7回に4失点して逆転負け。注目の1年生・佐々木麟太郎内野手を擁する相手打線に屈したが、尾崎直輝監督は「点数取られるのは覚悟していた。勝負に向かってくれたと思うので、そこは収穫だと思う」と語った。

 初回、先発の渡辺建伸が相手の3番・佐々木に高校通算48号ソロを被弾。それでも2回に下川邊隼人が同点ソロを放つと、2-2で迎えた5回に敵失で勝ち越し。リードして終盤を迎えたが、7回に2番手の松本慎之介が3本の適時打を許すなどつかまった。

 尾崎監督は「逃げ切れるとは思っていなかったが、松本がピンチを抑えていたので、最少失点で乗り切ってくれないかというところで、花巻東さんの打線が一枚上手だった」と振り返った。ただ「点数取られるのは覚悟していた。ピッチャー陣が勝負に向かってくれたと思うので、その点は収穫だと思う」と逃げずに戦った選手を労った。

 秋季東京大会では、準決勝の日大三戦に14-3で5回コールド勝ち。決勝では二松学舎大付に9回2死から逆転サヨナラ勝ちし、11年ぶりのセンバツ出場を当確させている。6回途中3安打2失点だった渡辺は「全国の振りは凄いと感じた。変化球も捉えられたし、押し切れるストレートの強さが足りない部分。これからの練習で強化したい」と成長を誓っていた。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集