[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

国学院久我山、9回2死から逆転サヨナラ! 成田の3点二塁打で11年ぶりセンバツ当確

高校野球の秋季東京大会は7日、神宮球場で決勝戦が行われ、国学院久我山が二松学舎大付に4-3で勝利した。9回2死満塁から4番・成田陸(2年)が走者一掃の3点二塁打を放ち、2点差をひっくり返す逆転サヨナラで優勝。11年ぶりのセンバツ出場を当確させた。

高校野球・秋季東京大会決勝は国学院久我山が二松学舎大付にサヨナラ勝ち【写真:中戸川知世】
高校野球・秋季東京大会決勝は国学院久我山が二松学舎大付にサヨナラ勝ち【写真:中戸川知世】

秋季東京大会・決勝

 高校野球の秋季東京大会は7日、神宮球場で決勝戦が行われ、国学院久我山が二松学舎大付に4-3で勝利した。9回2死満塁から4番・成田陸(2年)が走者一掃の3点二塁打を放ち、2点差をひっくり返す逆転サヨナラで優勝。11年ぶりのセンバツ出場を当確させた。

 あと一人からひっくり返した。国学院久我山は2点ビハインドで迎えた9回、2安打と四球で2死満塁のチャンスを作る。ここで成田がライト方向へ大飛球を放った。フェンス際まで伸びた打球を右翼手が弾くもグラブに収め、ノーバウンドで掴んだとアピール。試合終了かと思われたが、直前でフェンスに打球が当たっていたためフェアと判定された。

 これが走者3人が生還する3点二塁打となり、劇的なサヨナラ決着に。国学院久我山ナインは喜びを爆発させた。二松学舎大付はエースの布施東海(2年)が大きなカーブを上手く使いながら、8回まで1失点と抑えてきた。しかし、球数が140球を超えた9回にピンチを招き、最後は長打を食らった。国学院久我山はセンバツ出場なら2011年以来、11年ぶりとなる。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集