[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

名門・法大が首位浮上、川崎内定のMF松井蓮之「タイトルにこだわる。負けない自信ある」

同点ゴールを決めた久保【写真:平野貴也】
同点ゴールを決めた久保【写真:平野貴也】

Jクラブ内定5人のタレント軍団、1970年代以来の優勝へ前進

 その後、U-20代表候補に選出されたGK中川真(2年・徳島市立)の好守などで反撃をしのぐと、後半24分に途中出場したばかりのFW中井崇仁(4年・尚志)が右DFモヨ マルコム強志(2年・東福岡高)のフィードに抜け出して追加点をマーク。さらに後半39分、来季の京都加入が内定している快足アタッカーの田中和樹(4年・浦和学院高)がダメ押しの4点目を決めて勝利を決定づけた。終了間際に1点を返されたが、4-2で勝ち切った。

 勝因の一つが、チームとしての守備の機能だ。特に、ハイプレスで相手の攻撃の組み立てを阻んだことで、狙い所を持った守備が可能になり、中盤のボール奪取を得意とするMF松井蓮之(4年・矢板中央高)が存在感を示した。

 川崎Fへの来季加入が内定している松井は、試合後に「先制されたけど、逆転できる自信があったので、焦ることなく、やるべきことをやって4点取れた。リーグ戦のタイトルを取ったことが(近年は)ないので、今年は強くこだわっている。このリーグ戦で1位になることは、とても大きな意味を示す。優勝するという熱意が毎試合こもっている。そういうメンタルで臨んでいるので、負けることはないという自信がある」と熱い思いを語った。

 関東大学リーグは、大学サッカー界の中でもトップオブトップ。強豪同士が長い歴史の中で激闘を繰り返し、日本代表やプロで活躍する選手を多く輩出している。法大サッカー部は、2年後の2023年に創部100周年を迎える名門。2017年に制した総理大臣杯で4度、2018年に制した全日本大学選手権で3度、日本一に輝いている。

 関東大学サッカーリーグ1部でも3度の優勝があるが、いずれも1970年代。長く優勝から遠ざかっている。今季、3連覇を目指す明大を筆頭にライバルも強いが、法大も松井や田中をはじめ、主将の田部井涼(4年・前橋育英高=横浜FC内定)など5人がすでに来季Jクラブ加入内定を決めており、戦力は十分。関東最強の証明へ、ひた走る。

(平野 貴也 / Takaya Hirano)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集