[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ブカツ応援
  • 福岡第一を襲った「福岡ダービー」敗戦の影響 全国でのライバル対決への“覚悟”

福岡第一を襲った「福岡ダービー」敗戦の影響 全国でのライバル対決への“覚悟”

連覇を目指した福岡第一は、3位決定戦で力なく敗れた。今年は、メダルを手にすることができなかった。ウインターカップ2017第70回全国高校バスケットボール選手権大会は29日に最終日を迎え、男子の3位決定戦は帝京長岡(新潟)が前回王者の福岡第一(福岡)を69-58で破って銅メダルを獲得した。

4位に終わった福岡第一【写真:平野貴也】
4位に終わった福岡第一【写真:平野貴也】

3位決定戦で帝京長岡に敗れて4位…響いた準決勝・福岡大大濠戦の敗北

 連覇を目指した福岡第一は、3位決定戦で力なく敗れた。今年は、メダルを手にすることができなかった。ウインターカップ2017第70回全国高校バスケットボール選手権大会は29日に最終日を迎え、男子の3位決定戦は帝京長岡(新潟)が前回王者の福岡第一(福岡)を69-58で破って銅メダルを獲得した。

 敗れた福岡第一は、チームにエネルギーが残されていなかった。大きな影響を与えたのが、福岡大大濠との「福岡ダービー」となった準決勝の敗戦だ。井手口孝ヘッドコーチは「僕自身がダメだった。モチベーションを上げられなかった」と肩を落とした。

 同じ県に全国トップレベルの強豪が2校。県大会、九州大会、そして全国大会……どこに行ってもいるライバルだ。インターハイは出場枠が2つあり、両校が占める。ウインターカップは出場枠が1つしかないが、どちらかがインターハイで決勝に残れば、推薦枠で出場権を獲得できるため、2校とも出場することが可能だ。

 福岡第一の井手口ヘッドコーチが、今夏のインターハイ準決勝第1試合で敗れた後に「この後は(準決勝第2試合に臨む)全力で福岡大大濠を応援します」と話したのは、そのためだった。

 福岡大大濠がインターハイで準優勝し、今大会は両校が出場。そして、2005年のインターハイ以来となる全国大会での対決が実現した。結果は、58-61の敗戦。わずかに及ばなかった。互いの特長をよく知り、常にライバル関係にある相手に、決定的な場面で敗れるショックは大きい。井手口コーチは「福岡ダービー」敗戦の影響を次のように話した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー