[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

小平奈緒、涙の韓国ライバルと抱擁 北京五輪開催中に甦る名場面「いつ見ても涙出る」

北京五輪は13日、スピードスケート女子500メートルが行われる。前回平昌五輪では小平奈緒(相澤病院)が金メダルを獲得した。レース後には金メダル候補だったライバルの韓国選手と抱擁。国内外で話題を呼んだ。国際オリンピック委員会(IOC)日本語公式ツイッターは13日、小平のレースを前に当時の動画を公開。4年前の名シーンに「美しい友情」と再び脚光を浴びせると、ファンから「4年経った今も泣ける」と感動が甦っている。

小平奈緒【写真:Getty Images】
小平奈緒【写真:Getty Images】

小平奈緒の感動シーンに再脚光

 北京五輪は13日、スピードスケート女子500メートルが行われる。前回平昌五輪では小平奈緒(相澤病院)が金メダルを獲得した。レース後には金メダル候補だったライバルの韓国選手と抱擁。国内外で話題を呼んだ。国際オリンピック委員会(IOC)日本語公式ツイッターは13日、小平のレースを前に当時の動画を公開。4年前の名シーンに「美しい友情」と再び脚光を浴びせると、ファンから「4年経った今も泣ける」と感動が甦っている。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 今もファンの記憶に刻まれているスポーツマンシップだった。開催国の声援を受け、3連覇を目指したのは“氷速女帝”イ・サンファだった。死力を振り絞ったが、直前に小平がマークしていた五輪新記録36秒94には届かず。女王の目から涙がこぼれ落ちた。敗者に寄り添ったのが小平だ。ライバルを抱きしめ、何度も言葉をかけた。

 競い合った者同士が交わした抱擁は、日本のみならず開催国・韓国でも話題に。多くの海外メディアも取り上げた名場面だった。

 4年が経ち、IOC公式は当時の動画とともに「美しい友情をみせ、人々の心を和ませました」などと記して投稿。ファンからは「何回も感動する」「日韓の友情」「これは4年経った今見ても泣ける。スポーツとはこうあるべき」「素晴らしき友情」「いつ見てもこの映像は涙出る」と再び感涙した様子のコメントが相次いでいる。

 小平は日本女子初の連覇を懸けて出場。17日には前回銀メダルだった1000メートルを控えている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集