[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

平野歩夢より飛んだ弟・海祝 世界を驚かせた衝撃7.4mエアを米称賛「重力を無視した」

北京五輪は11日、スノーボードの男子ハーフパイプ決勝が行われ、平野歩夢が日本スノーボード史上初の金メダルを獲得した。注目は彼だけじゃない。19歳の弟・海祝は9位だったものの、1回目の試技で高さ24.4フィート(約7.4メートル)の超ビッグエアを記録。米メディアは「重力の法則を無視する歴史的なジャンプ」「その才能は否定しがたい」などと称賛している。

男子ハーフパイプ決勝で9位となった平野海祝【写真:AP】
男子ハーフパイプ決勝で9位となった平野海祝【写真:AP】

平野歩夢の弟・海祝、エアで世界新記録と米メディア

 北京五輪は11日、スノーボードの男子ハーフパイプ決勝が行われ、平野歩夢が日本スノーボード史上初の金メダルを獲得した。注目は彼だけじゃない。19歳の弟・海祝は9位だったものの、1回目の試技で高さ24.4フィート(約7.4メートル)の超ビッグエアを記録。米メディアは「重力の法則を無視する歴史的なジャンプ」「その才能は否定しがたい」などと称賛している。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 1回目の試技、平野海は勢いよく宙に飛び上がった。見事なトリックを決めたが、ビッグエアの最高到達点はなんとおよそ7.4メートル。金メダルの兄、五輪3度Vのショーン・ホワイトら猛者たちより高く跳んだ。

 画像、映像がSNS上で公開されると、海外から驚きの声が上がっていた。米地元放送局「NBCスポーツ・ベイエリア」はこの試技の記事を掲載し、「カイシュウは重力の法則を無視する歴史的なジャンプを決めた。記録更新の高さだった」と世界新記録だったと伝えた。

 さらに「メダルには届かなかったものの、その才能は否定しがたいものだ」などと評価。「カイシュウと彼の兄は間違いなく、スノーボード界を魅了している。ショーン・ホワイトが引退するが、この競技にとって良いタイミングとなった」とスノーボード界の世代交代にも触れた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集