[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

平野歩夢、採点論争を未然に防いだ金メダルに英紙称賛「全ての解説者たちは安堵した」

北京五輪は11日、スノーボードの男子ハーフパイプ決勝が行われ、平野歩夢(TOKIOインカラミ)が金メダルを獲得した。最後の試技で逆転優勝となったが、2本目の得点の低さには米国で五輪放映権を持つ放送局「NBCスポーツ」の実況席も疑問を呈していた。これに英メディアも注目。「全ての解説者は安堵した。採点の論争を話題にしなくて良くなったから」などと指摘している。

金メダルを獲得した平野歩夢【写真:Getty Images】
金メダルを獲得した平野歩夢【写真:Getty Images】

北京五輪・スノーボード男子ハーフパイプ

 北京五輪は11日、スノーボードの男子ハーフパイプ決勝が行われ、平野歩夢(TOKIOインカラミ)が金メダルを獲得した。最後の試技で逆転優勝となったが、2本目の得点の低さには米国で五輪放映権を持つ放送局「NBCスポーツ」の実況席も疑問を呈していた。これに英メディアも注目。「全ての解説者は安堵した。採点の論争を話題にしなくて良くなったから」などと指摘している。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 スノーボードでは日本史上初の金メダルを獲得した平野。最後の試技で逆転したが、2本目も4回転の中に縦3回転を入れる「トリプルコーク1440」など大技を次々に成功させた。しかし、得点は91.75点と思ったほど伸びず。海外では大きな議論が巻き起こっていた。

 英紙「ガーディアン」は2本目終了時点で、「2本目終了。そして、ジャッジの論争が巻き起こっているのか?」と速報。競技を中継していた米「NBCスポーツ」で解説者を務めたスノーボード界のレジェンド、トッド・リチャーズ氏が憤慨した件に注目していた。

 記事では「日本のアユム・ヒラノはまたしても前人未到のトリプルコークを繰り出した」「完璧なコンビネーションでリチャーズを驚嘆させた」などと報じ、リチャーズが「これが優勝ランだ」などと興奮気味に語ったことも伝えた。しかし、得点が表示されると「91.75? そんなわけあるかい!」「ジャッジは信頼性を粉々に破壊してしまった」などと語気を強めた様子を描写した。

 それでも平野は3本目で逆転優勝。同紙の速報では「ジャッジよ、2本目のランは君たちに十分ではなかったのか? そうか。これならどうだ。彼の最後のランは2本目のトリックと全く同じだったが、さらに良くなった。ファイナルスコアは96.00。全ての解説者は安堵した。彼らは採点の論争について話題にしなくても良くなったからだ」と伝えていた。

「採点スポーツは常に多少、主観的になる。しかし、ヒラノは他の誰よりも困難なランを実践していた。そして、着地も完璧だった」と記事では平野を絶賛していた。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集