[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

SNSの誹謗中傷にスポーツ庁・室伏長官が異例の呼びかけ「北京五輪を前に皆様にお願い」

スポーツ庁の室伏広治長官が北京五輪開幕を前に「アスリートへの誹謗中傷」について異例の呼びかけを行った。28日、スポーツ庁公式サイトで「大会の開催を前に、皆様にお願いがあります」とし、長文でメッセージをつづった。

スポーツ庁の室伏広治長官が「アスリートへの誹謗中傷」について異例の呼びかけを行った【写真:Getty Images】
スポーツ庁の室伏広治長官が「アスリートへの誹謗中傷」について異例の呼びかけを行った【写真:Getty Images】

東京五輪で誹謗中傷が問題化「決して正当化される行為ではありません」

 スポーツ庁の室伏広治長官が北京五輪開幕を前に「アスリートへの誹謗中傷」について異例の呼びかけを行った。28日、スポーツ庁公式サイトで「大会の開催を前に、皆様にお願いがあります」とし、長文でメッセージをつづった。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 東京五輪でSNSなどでアスリートに心ない言葉が浴びせられたことを受け、室伏長官は「もとより他人を誹謗中傷する行為は、いかなる理由があっても許されないことであり、真摯にプレーしているアスリートをおとしめる言動は、決して正当化される行為ではありません」とした。

「アスリートも一人の人間」と表現し、「アスリートの尊厳を傷つける言葉、性別や国籍・人種等に関する差別的な言葉、根拠のない憶測をもとにアスリートを非難する言葉、アスリートの写真や動画を使用した性的な言葉や画像等について、書き込み・投稿しないようお願いします」と呼びかけ。こうした投稿を拡散することも民事・刑事上の責任が問われる可能性があることも触れた。

 また、北京五輪を控えるアスリートについてもメッセージを送り、ハイパフォーマンススポーツセンター(HPSC)、国際オリンピック委員会(IOC)・国際パラリンピック委員会(IPC)が24時間態勢で行っているヘルプラインなど、大会中のサポート内容を紹介した。

「これらの心理サポートは、誹謗中傷等に限らず、大きな大会に向けてのプレッシャーやストレス、不安への対処など、幅広く心理面での支援を行っています。これまでこうしたサポートを利用したことがない選手も、ぜひ気軽に利用してください」と呼びかけ、「全てのアスリートが安心して競技に打ち込み、力を発揮できるよう、スポーツ庁としても、引き続き支援に努めてまいります」と締めくくった。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集