[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本期待の陸上リレーを「バトン」で深掘り 80gを持って走ると実は好影響だった?

「THE ANSWER」は東京五輪の大会期間中「オリンピックのミカタ」と題し、実施される競技の新たな知識・視点のほか、平和・人権・多様性など五輪を通して得られる様々な“見方”を随時発信する。陸上はスプリント指導のプロ集団「0.01 SPRINT PROJECT」を主宰するアテネ五輪1600メートルリレー4位の伊藤友広氏と元400メートル障害選手でスプリントコーチの秋本真吾氏が、走りの新たな視点を提案する「走りのミカタ」を届ける。

男子4×100メートルリレー、日本代表は38秒16の組3着で予選を突破した【写真:Getty Images】
男子4×100メートルリレー、日本代表は38秒16の組3着で予選を突破した【写真:Getty Images】

「THE ANSWER的 オリンピックのミカタ」#75

「THE ANSWER」は東京五輪の大会期間中「オリンピックのミカタ」と題し、実施される競技の新たな知識・視点のほか、平和・人権・多様性など五輪を通して得られる様々な“見方”を随時発信する。陸上はスプリント指導のプロ集団「0.01 SPRINT PROJECT」を主宰するアテネ五輪1600メートルリレー4位の伊藤友広氏と元400メートル障害選手でスプリントコーチの秋本真吾氏が、走りの新たな視点を提案する「走りのミカタ」を届ける。

 第5回は「リレー種目のバトンが走りに与える影響」。5日に男子4×100メートルリレー予選を38秒16の組3着で予選突破し、6日に行われる決勝でメダル獲得が期待される日本。リレー種目といえば、運動会のリレーでもバトンには一般人も馴染みがある。勝負を分けるバトンパスの奥深さに迫り、重さのある物を持って速度は落ちないのかなど「バトン」が走りにもたらす影響について分析する。(THE ANSWER編集部・神原 英彰)

 ◇ ◇ ◇

 日本にとって、4×100メートルでメダルが期待されるリレー種目。注目されるのが、バトンパスだ。アテネ五輪4×400メートルリレーで第3走を務め、日本史上最高の4位入賞している伊藤氏は、こう解説する。

「バトンパスの上手さは4人の合計タイムからリレーのタイムを引き算し、どの程度、短縮されているかで見ていきます。一般的に日本が採用しているアンダーハンドが最強であると思っている方が多いと思います。しかし、オーバーハンドでも日本と同程度のタイム短縮を実現している国もあります。イギリス、中国などです。

 そのメリットは渡す選手ももらう選手も腕を伸ばし、2人分のリーチを最大限に使ってパスすることで、物理的な距離が稼げること。半面、リスクは、もらう選手が不自然な体勢を取るので、失敗リスクが高まることや加速段階でスピードに乗りづらい側面もあります。デメリットが大きいように感じるかもしれませんが、この方法でも精度を高められると大きなタイム短縮が見込めます」(伊藤)

 どちらが良い悪いということではない。大切なことは多様な作戦から気付きを持つこと。
 
「ジュニアレベルで最初に多く採用されるのはオーバーハンド。なので、この基本の形でも極めたらここまでいけるという気付きにもなります。一方で、アンダーハンドは走者同士が凄く接近して渡しますが、日本は少し距離を広げてオーバーとアンダーの中間くらいを狙うことや、バトンゾーンのどの位置で受け渡しするかなど細部にこだわりどの国もやっていない形にも取り組んできました。各国が戦略を持ってやっています」(伊藤)

 陸上ファンには常識かもしれないが、バトンパスにはあるルールがある。

「4×100メートルリレーは1走が右手、2走が左手、3走が右手、4走が左手と決まっています。なぜかというと、例えば、1走が左手に持ったとしたら、コーナーのバトンパスでぶつかってしまう可能性が高まるからです。よって1~4走の持ち手が定まります。ボルトも右手で持って走りたいのでしょう。いつもアンカーで左手でもらい、必ず右に持ち替えていました。

 持ち方に得意・不得意はあると思いますし、握るのではなく指と指で挟む人もいます。ただ、それによって腕の角度が固定され、振りやすくなって走りが変わることがあります。なので、全員バトンを持って100メートルや400メートル決勝を走ったらどんなタイムが出るのか実験してみたら……という想像が膨らみます」(秋本)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集