[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「スポーツも子育ても同じ」の真意 ママになったオリンピアンが気付いたこと

20を超える資格と免許を持ち、マルチな才能を発揮する元オリンピアンがいる。その人こそ、元ショートトラックスピードスケート選手の勅使川原郁恵さんだ。オリンピックには長野、ソルトレークシティー、トリノと3大会連続出場。中学2年生の時に全日本選手権で総合優勝を飾って以来、27歳で引退するまで、長く日本ショートトラック界を牽引するトップ選手として活躍した。

元ショートトラックスピードスケート選手の勅使川原郁恵さん【写真:近藤俊哉】
元ショートトラックスピードスケート選手の勅使川原郁恵さん【写真:近藤俊哉】

マルチな才能の持ち主、元ショートトラックスピードスケート勅使川原郁恵さん

 20を超える資格と免許を持ち、マルチな才能を発揮する元オリンピアンがいる。その人こそ、元ショートトラックスピードスケート選手の勅使川原郁恵さんだ。オリンピックには長野、ソルトレークシティー、トリノと3大会連続出場。中学2年生の時に全日本選手権で総合優勝を飾って以来、27歳で引退するまで、長く日本ショートトラック界を牽引するトップ選手として活躍した。

【特集】「心も身体も健康に」元ショートトラック選手が伝えたいウオーキングの魅力 / 元ショートトラックスピードスケート・勅使川原郁恵さんインタビュー(GROWINGへ)

 2006年トリノ五輪出場を最後に現役を引退。スポーツキャスターに転身すると、テレビ番組の企画で江戸五街道の一つ、中山道を踏破した。この時、“歩く”という基本動作が体や心に与える効果を実感した勅使川原さんは、日本ウオーキング協会公認の健康ウオーキング指導士の資格を取り、今ではウオーキングの“伝道師”として、様々なイベントでその魅力を伝えている。

 健康ウオーキング指導士から始まり、姿勢アドバイザー、ナチュラルフードコーディネーター、雑穀マイスター、睡眠改善インストラクター、温泉ソムリエなど、「食」と「健康」をキーワードに数多くの資格と免許を取得してきた。そして、2012年に第1子を授かってからは幅が広がり、幼児食インストラクター、ベビーヨガインストラクター、ベビーマッサージインストラクターなど、「子ども」に関する資格・免許がラインナップに加わった。

「アスリートからママになったポイント」は、勅使川原さんにいろいろな変化をもたらしたようだ。3歳でスケートに出会った時。スケートを引退した時。引退後にウオーキングと出会った時――。ここまでいくつもの重要なポイントを通過してきたが、子どもが生まれたことで生活がガラリと変わったという。

 現在、小学2年生と5歳の男の子2人を持つ勅使川原さんだが、2012年に長男が生まれるまでは「自分中心の生活で、自分の体が整えばいいという生活でした」と振り返る。だが、ママになると生活は180度変化。「自分の体は二の次で、子ども中心の生活に変わりました」と笑うが、同時に「子どもができたからこそ、それまで私が重要にしてきた食事だったり運動だったりが、本当に大切なことなんだと実感できています」と、自身の価値観を再認識する時間にもなっている。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集