[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

シュワちゃんは何が凄いのか ガチビルダー勢が愛する「アーノルド」の究極の肉体美

「THE ANSWER」の連載「骨格筋評論家・バズーカ岡田の『最強の筋肉ゼミ』」。現役ボディビルダーであり、「バズーカ岡田」の異名でメディアでも活躍する岡田隆氏(日体大准教授)が日本の男女の“ボディメイクの悩み”に熱くお答えする。33限目のお題は「シュワちゃんの凄さ」について。前後編でお届けする。

1985年頃のアーノルド・シュワルツェネッガー。ボディビルの世界チャンピオンに7度も輝いた【写真:Getty Images】
1985年頃のアーノルド・シュワルツェネッガー。ボディビルの世界チャンピオンに7度も輝いた【写真:Getty Images】

連載「骨格筋評論家・バズーカ岡田の『最強の筋肉ゼミ』33限目」

「THE ANSWER」の連載「骨格筋評論家・バズーカ岡田の『最強の筋肉ゼミ』」。現役ボディビルダーであり、「バズーカ岡田」の異名でメディアでも活躍する岡田隆氏(日体大准教授)が日本の男女の“ボディメイクの悩み”に熱くお答えする。33限目のお題は「シュワちゃんの凄さ」について。前後編でお届けする。

 ◇ ◇ ◇

 Q.若い頃、筋トレにハマったという父は、神と仰ぐほどのアーノルド・シュワルツェネッガーの大ファンです。全盛期を知らない僕にはピンとこないのですが、シュワちゃんって何がそんなにスゴイんですか?

 まず、ビルダーとしてのアーノルド・シュワルツェネッガーをリスペクトするガチビルダー勢力は、「アーノルド」と呼び、愛称である「シュワちゃん」とは呼びません。ここでは皆さんに愛されている呼称であるシュワちゃんとはあえて呼ばず、畏敬の念を込めて「アーノルド」と呼ばせていただきます。話がそれた感がありますが、これは避けては通れない部分であるため、冒頭に書かせていただきました。

 みなさん、是非、80年代のアーノルドの映画を借りて観てください。見れば全てわかります(笑)。実は今の若い人たちの間でも、アーノルドに憧れて、筋トレを始めたり、ボディビルディングの世界に踏み込んだりする人は結構な割合でいます。

 私自身も体を鍛えることに目覚めたのは、小学生の時に映画「コマンドー」を観たのがきっかけです。激走するシュワちゃん(この頃、私にとってはアーノルドではなく、まだシュワちゃんでした……笑)のめちゃめちゃ揺れている大胸筋に衝撃を受け、それ以降、「アーノルドに近づきたい」と、筋トレにハマっていきました。

 我々ボディビルダーとって、彼は父のような存在です。筋肉の父。彼を知らない今の若い人たちも、アーノルドの影響を受けた僕らに影響を受けていますから、孫みたいなものですね。そう考えると、彼は筋肉の元素と言ってもいい。筋肉に魅せられた我々は「アーノルド・シュワルツェネッガー」という一つの原子からできているといっても、過言ではありません。

 では具体的に、アーノルドの何がスゴイのか?

1 2 3

岡田 隆

1980年、愛知県生まれ。日体大准教授、柔道全日本男子チーム体力強化部門長、理学療法士。16年リオデジャネイロ五輪では、柔道7階級のメダル制覇に貢献。大学で教鞭を執りつつ、骨格筋評論家として「バズーカ岡田」の異名でテレビ、雑誌などメディアでも活躍。トレーニング科学からボディメーク、健康、ダイエットなど幅広いテーマで情報を発信する。また、現役ボディビルダーでもあり、2016年に日本社会人ボディビル選手権大会で優勝。「つけたいところに最速で筋肉をつける技術」「HIIT 体脂肪が落ちる最強トレーニング」(ともにサンマーク出版)他、著書多数。バズーカ岡田公式サイトhttps://bazooka-okada.jp/

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌などで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集