[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

男の印象を変える「カッコいい胸」へ Tシャツ&スーツがキマる“大胸筋の盛り方”

「カッコいい胸」は適度なボリュームがあるスクエア型

 さて、体の正面、そして顔の近くに位置する胸は、その人の印象を左右する重要なパーツです。胸を鍛えるとたくましさ、頼もしさを印象づけるだけでなく、姿勢が良くなり、Tシャツはもちろん、スーツもカッコ良くキマります。

 また、胸のトレーニングは大胸筋だけでなく、姿勢を正して行うので、体の後ろ側の筋力アップにも有効。また肩甲骨周りも使います。スマートフォンやパソコンに向き合う時間が長い日常生活は、体の裏側の筋肉を使う機会を奪い、次第に筋力が低下。すると猫背になり、不良姿勢と血流の低下によって首や肩がバリバリに張ります。胸のトレーニングを続けることによって、肩周りの柔軟性が上がり、首や肩のコリも和らぐでしょう。

 ボディメークの観点から言うと、「カッコいい胸」とは胸全体に適度なボリュームがあるスクエア型です。胸の上部に筋肉がつきにくい方が多いので、手っ取り早く盛りたい人は、成果が得られやすい大胸筋の下部から外側に注力するといいでしょう。胸の輪郭が鮮明になると、明らかな変化を実感できます。

1 2 3 4

岡田 隆

1980年、愛知県生まれ。日体大准教授、柔道全日本男子チーム体力強化部門長、理学療法士。16年リオデジャネイロ五輪では、柔道7階級のメダル制覇に貢献。大学で教鞭を執りつつ、骨格筋評論家として「バズーカ岡田」の異名でテレビ、雑誌などメディアでも活躍。トレーニング科学からボディメーク、健康、ダイエットなど幅広いテーマで情報を発信する。また、現役ボディビルダーでもあり、2016年に日本社会人ボディビル選手権大会で優勝。「つけたいところに最速で筋肉をつける技術」「HIIT 体脂肪が落ちる最強トレーニング」(ともにサンマーク出版)他、著書多数。バズーカ岡田公式サイトhttps://bazooka-okada.jp/

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌などで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集