[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

どうすれば、お父さんは運動会で転ばないのか 陸上トップ選手が勧める“時短トレ”

スポーツの秋――。9月に入り、涼やかな風が吹き始めると、やがてやってくるのは運動会の季節だ。お父さんにとっては我が子の活躍を見守りたいという願いがある一方、「保護者参加リレー」といったイベントで出番もある。しかし、風物詩のごとく起こるのが「転倒」だ。春の運動会シーズンには「なぜ、お父さんは運動会で転ぶのか」と題して特集し、大反響を呼んだが、今回はどうすれば、お父さんは転ばず、そして、子供は速く走れるのか。今からでも間に合う“時短”練習法を2回に分け、陸上の元トップ選手が紹介する。

秋の運動会シーズン目前、元スプリンターが今からでも間に合う「転ばない方法」を推奨

 スポーツの秋――。9月に入り、涼やかな風が吹き始めると、やがてやってくるのは運動会の季節だ。お父さんにとっては我が子の活躍を見守りたいという願いがある一方、「保護者参加リレー」といったイベントで出番もある。しかし、風物詩のごとく起こるのが「転倒」だ。春の運動会シーズンには「なぜ、お父さんは運動会で転ぶのか」と題して特集し、大反響を呼んだが、今回はどうすれば、お父さんは転ばず、そして、子供は速く走れるのか。今からでも間に合う“時短”練習法を2回に分け、陸上の元トップ選手が紹介する。

 初回はお父さん編だ。アテネ五輪1600メートルリレー代表で、現在は小学生世代の指導を手掛ける伊藤友広氏と、200メートル障害アジア最高記録保持者でプロ野球選手、Jリーグなどのトップアスリートの指導を担う秋本真吾氏に春に続き、話を聞いた。前回、お父さんが転ぶ理由について、スプリント指導のプロ組織「0.01」を主催する両氏によれば、2つのタイプがあることを解説してくれたが、前提となるべき原因について復習しよう。

【筋力低下型】 普段はランニングなどで足腰を鍛えていても、短距離は5、6倍の負荷がかかる。体を支えるために必要な筋肉が衰え、全力疾走の負荷に耐え切れず、進むうちに目線が下がり、結果的につま先がひっかかって転倒する。

【意識先行型】 速く走ろうという意識だけ前に進んでしまい、上半身が前に出て、足が後ろ側で回転してしまうため、体の軸が自然と前傾する。進むうちに傾きが大きくなり、最後はバランスが崩れて足がもつれ、転倒する。

 この2つを踏まえた上で、伊藤氏は「トレーニング次第で、今からでも転ばない走りに変えることは十分にできます」と話す。では、いったい、「転ばないトレーニング」とは何なのか。普段は仕事で忙しい、お父さん。決して十分に時間が取れるわけではない。公園までわざわざ足を運ぶのもおっくうだ。

 それでも、時間と場所を取らずにできる練習法をオススメしてくれた。

1 2 3 4 5
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集