[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

世界王者の兄を超える夏…比較の宿命を歓迎する20歳弟の決意「僕は楢崎明智なんだ」

東京五輪新種目のスポーツクライミング世界選手権(東京・エスフォルタアリーナ八王子)が11日から開幕し、盛り上がりを見せている。五輪代表は男女各2枠ずつあり、今大会7位以内の日本人最上位者が内定する。2018年世界ユース選手権2冠の楢崎明智(めいち・TEAM au)は、世界王者の兄・智亜(ともあ・TEAM au)と比較されることを歓迎し、五輪切符獲得を狙う。

2018年世界ユース選手権2冠の楢崎明智【写真:小倉元司】
2018年世界ユース選手権2冠の楢崎明智【写真:小倉元司】

東京五輪代表を懸け、スポーツクライミング世界選手権が11日開幕

 東京五輪新種目のスポーツクライミング世界選手権(東京・エスフォルタアリーナ八王子)が11日から開幕し、盛り上がりを見せている。五輪代表は男女各2枠ずつあり、今大会7位以内の日本人最上位者が内定する。2018年世界ユース選手権2冠の楢崎明智(めいち・TEAM au)は、世界王者の兄・智亜(ともあ・TEAM au)と比較されることを歓迎し、五輪切符獲得を狙う。

【特集】「あとはここの波を究めるだけ」全てを知り尽くした海で狙うメダルへの道 / サーフィン 大原洋人選手(GROWINGへ)

「トモ君」と呼ぶ3学年上の兄は、今季3年ぶり2度目のW杯シーズン総合優勝を飾った東京五輪の金メダル候補だ。俊敏な動きで壁を這いあがる姿は国内外で「智亜スタイル」「忍者スタイル」などと称され、海外選手がまねようとする“流行り”にもなった。そんな世界一の兄を、弟は「凄く尊敬している人でもあるし、一番仲のいい人でもある」と語る。こう思えるまでには紆余曲折があった。

 クライミングが東京五輪の追加種目になった頃、世界で成績を残す智亜はメダル候補として一躍脚光を浴びた。「楢崎兄弟」として明智も“セット”にされることも少なくない。まだ高校生になったばかりの頃。期待の大きさに技術が追いついていないのも当然だった。

「3、4年前ですかね。意識していた時期もあった。僕がまだW杯に出られない時に(兄は)優勝とかしていたので『明智も行くだろう』とか言われていた。そういう時にプレッシャーを感じていた」

 結果を残していくことで、「僕は僕」と少しずつ意識が変えていった。後を追うようにクライミングを始めた小学2年の終わりから、兄は切磋琢磨できるライバルであり、互いに長所も短所も理解し合う仲間でもある。比較は兄弟間だけでなく、現役時代に活躍した偉大な選手の子どもは「〇〇2世」と呼ばれ、周囲から親と比べられることも多い。「深く考える意味はない」。明智は一人のアスリートとして、いつしか強い選手との比較を歓迎するようになった。

「どの選手も一緒の舞台で戦っていたら絶対に比べられる。競技をやっている以上、当たり前のことなので、それが兄か兄じゃないかの違い。今は別に比べられるのはいくらでもウェルカムですよ。やっぱり楢崎智亜の弟じゃなくて、僕は楢崎明智なんだってしっかり見せつけてあげれば、比べられてもあまり気にすることじゃない。

 あいつはこれができて、自分はこれができないとわかった方が成長につながる。(レベルが低いと)比べられないし、その土俵にいるだけいいことだと思います。結局、順位を競うもの。順位を競っているということは誰かと比べていることなので、気にしない。全く嫌なことではない」

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集