[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大迫傑、涙の現役ラストラン「100点満点の頑張り」 有終6位「次の世代に繋がるように」

東京五輪は8日、札幌で男子マラソンが行われ、今大会を現役最終レースと位置づけている大迫傑(ナイキ)は2時間10分41秒で6位。日本勢としては12年ロンドン五輪で6位となった中本健太郎以来、9年ぶりの入賞となった。16年リオ五輪金メダルのエリウド・キプチョゲ(ケニア)が2時間8分38秒で2連覇。中村匠吾(富士通)が2時間22分23秒で62位、服部勇馬(トヨタ自動車)が2時間30分8秒で73位。

男子マラソンに出場し、6位で完走した大迫傑【写真:Getty Images】
男子マラソンに出場し、6位で完走した大迫傑【写真:Getty Images】

東京五輪・男子マラソン

 東京五輪は8日、札幌で男子マラソンが行われ、今大会を現役最終レースと位置づけている大迫傑(ナイキ)は2時間10分41秒で6位。日本勢としては12年ロンドン五輪で6位となった中本健太郎以来、9年ぶりの入賞となった。16年リオ五輪金メダルのエリウド・キプチョゲ(ケニア)が2時間8分38秒で2連覇。中村匠吾(富士通)が2時間22分23秒で62位、服部勇馬(トヨタ自動車)が2時間30分8秒で73位。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 大迫が引退レースで堂々の走りを見せた。午前7時、札幌で号砲。20キロ過ぎまで服部勇馬(トヨタ自動車)も先頭集団についていたが、引き離された。大迫はその後も先頭集団に食らいついていった。途中でリタイアする選手も続出する過酷なレース。30キロ過ぎ、キプチョゲ(ケニア)が集団から飛び出す。大迫は少し遅れ、8番手に下がった。

 35キロ過ぎで先頭から51秒遅れだった大迫は、ここから奮起。7位、6位と一気に順位を上げた。ゴール直前では笑顔を見せ、6位でフィニッシュ。両手を膝につき、全力を尽くした様子を見せた。日本勢としては12年ロンドン五輪で6位となった中本健太郎以来、9年ぶりの入賞。有終のラストランを飾った。

 レース後のテレビインタビューでは「最後キツくて、6番に上がったところで前を追ってみたが、15秒からラップが縮まらなかった。確実に6番を狙い切ろうと思って走り切った」と振り返った。

 先月、自身のツイッターでこのレースを現役最後のレースとすることを表明していた。「真っすぐ進んできた部分がある。競技以外でも真っすぐ進んでいきたい」と語った。タオルで顔を覆い、涙を目に浮かべた姿も見せ「しっかり次の世代に繋がるように。次の世代の人が頑張れば、メダル争いにからめると思う」とも話した。

「100点満点の頑張りができた。こういう状況でしたが、テレビの前でも応援してくれて非常に力になった。ありがとうございました」と最後は感謝を語った。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集