[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“癖強い日本食”に米女性記者が虜 「ネバネバして…ファンキーな味わい」と食レポ

東京五輪は連日、熱戦を展開している。取材する記者も各地を奔走している中で、日本食にもチャレンジしている。米放送局の記者は癖の強い日本食に挑戦。「ネバネバして臭みもあり、ファンキーな味わいです」とレポートしている。

米記者があの日本食をレポートした【写真:AP】
米記者があの日本食をレポートした【写真:AP】

米TV局の記者がレポート「日本の人たちはライスの上に乗せたり…」

 東京五輪は連日、熱戦を展開している。取材する記者も各地を奔走している中で、日本食にもチャレンジしている。米放送局の記者は癖の強い日本食に挑戦。「ネバネバして臭みもあり、ファンキーな味わいです」とレポートしている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 意外と好みのようだ。米の女性記者が食べようとしているのは納豆だった。箸を器用に使い、豆を掴むとネバネバの糸を引きながら持ち上げている。

 納豆には独特のにおいやネバネバなど独特の癖がある。外国人には馴染みがなく、敬遠されるイメージがあるが、米放送局「NBC6・サウスフロリダ」のアマンダ・プラセンシア記者は気に入っているようだ。

 自身のツイッターで「これは納豆! 大豆を発酵させたものです。日本の人たちはライスの上に乗せたり、マスタードや醤油をかけてそのままで食べたりします。私もこれが好きです。ただネバネバして臭みもあり、ファンキーな味わいです」と映像付きでレポートしている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集