[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

pickupの記事一覧

  • なぜ、ナダルは復活できたのか 専門家分析「“蟻地獄”スタイル戻った」

    2017.06.17

    男子テニスの世界ランキング2位、ラファエル・ナダル(スペイン)は、全仏オープンで史上最多10度目の優勝という偉業を成し遂げた。2年間の雌伏の時を経て、31歳のベテランはなぜ、優勝できたのか。全盛期を彷彿させるクレーコートでの強さを見せつけた復活劇の裏には「原点回帰」と「2メートルの修正」があったと専門家は分析している。

  • 「自分の泳ぎを見つけて」 元競泳・伊藤華英さんが被災地で「夢」を乗せた「1年後の約束」

    2017.06.16

    公益財団法人東日本大震災復興支援財団は約1年の間、東北の子どもたちを対象にアスリートやプロコーチらによるスポーツ指導の受講機会を提供する「東北『夢』応援プログラム」を実施している。その一つが、岩手県大船渡市の小中学生を対象とした水泳指導プログラム。2年目を迎えた今年、昨年に続いて講師を務めることになったのは、長く日本競泳会に貢献してきた元日本代表・伊藤華英さんだ。

  • なぜ、ナダルは愛されるのか 15人のレジェンドが明かす「帝王」の神髄と一流の流儀

    2017.06.13

    テニスの全仏オープンで史上最多となる10度目の優勝を果たしたラファエル・ナダル(スペイン)。決勝では、スタン・ワウリンカ(スイス)を6-2、6-3、6-1でストレートで圧倒し、「ラ・デシマ」(スペイン語で10度目)と呼ばれる偉業を達成した。前人未踏の域に到達した「赤土の帝王」の足跡を大会公式サイトが特集。フェデラー、アガシ氏、サンプラス氏ら、伝説のライバルと名選手15人の証言で振り返っている。

  • 元五輪ランナーが日本の子供の足を速くする スプリント指導のプロ集団「0.01」とは

    2017.06.12

    指導のプロフェッショナルが「走り」を教え、日本の子供たちの足を速くする――。躍進著しい日本陸上界で画期的な取り組みが始まっている。アテネ五輪4×400メートルリレー日本代表の伊藤友広氏(34)と200メートルハードル日本最高記録保持者の秋本真吾氏(35)が共同代表を務め、スプリント指導のプロ組織「0.01」を発足した。

  • 「神様、あれはなんだったの?」 ラモスとW杯予選、終わりなき“ドーハの悲劇”

    2017.06.12

    「死ぬ前に神様に聞いてみたいよ。あれはなんだったの?」――ラモス瑠偉  日本代表は13日に中立地イランでロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のイラク戦に臨む。1998年フランスW杯から6大会連続となる本戦出場に向けて、残り3試合。全10試合で争われる最終予選は佳境を迎えようとしているが、日本にとってイラクは、土壇場でW杯初出場を阻まれた苦い記憶のある相手だ。93年10月28日、いわゆる「ドーハの悲劇」である。

  • なぜ、テニス選手はラケットを壊すのか 現役選手が明かすコート上の「孤独」とは

    2017.06.06

    男子テニスの世界ランキング9位・錦織圭(日清食品)は5日、4回戦で同37位のフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)に3-1で逆転勝ち。右手首、肩、腰など故障を抱え、苦しみながら勝ち上がっているが、今大会注目されたのが、3日の同67位・鄭現(韓国)。格下に苦戦を強いられて、第4セットにラケットをコートに叩きつけて破壊。観衆からブーイングを浴びた。

  • 13歳張本智和、世界最年少メダルならず 中国の世界3位に善戦も「チョレイ」旋風止まる

    2017.06.05

    卓球の世界選手権(デュッセルドルフ)は4日、男子シングルス準々決勝が行われ、史上最年少で日本代表に選ばれた13歳・張本智和(エリートアカデミー)が世界ランキング3位の許キン(中国)に1-4で敗戦。大会史上最年少メダルはならず、日本勢にとっても1979年大会の小野誠治以来、38年ぶりの表彰台を逃した。世界を驚かせ続けた天才少年の快進撃は、8強で幕を閉じた。

  • 大島、森薗組、56年ぶり金ならず 最強中国ペアに惜敗 48年ぶりの銀メダル

    2017.06.05

    卓球の世界選手権(デュッセルドルフ)は3日、男子ダブルス決勝が行われ、ダブルス世界ランキング1位の大島祐哉(木下グループ)、森薗政崇(明大)組が樊振東、許キン組(中国)に1-4で敗れ、準優勝。日本勢56年ぶりの金メダルはならず、銀メダルが確定した。同種目の銀は48年ぶりとなった。

  • 石川、吉村組、48年ぶり金! フルセット奇跡の大逆転、2大会連続決勝で号泣V

    2017.06.03

    卓球の世界選手権(デュッセルドルフ)は3日、混合ダブルスの決勝で石川佳純(全農)、吉村真晴(名古屋ダイハツ)組、陳建安、鄭怡静(台湾)組にフルセットの末に4-3で大逆転勝ち。2大会連続決勝で、同種目48年ぶり金メダルの快挙を成し遂げた。

  • 13歳張本智和、大会史上最年少メダル王手! 快進撃止まらず またも圧勝で8強

    2017.06.03

    卓球の世界選手権(デュッセルドルフ)は3日、男子シングルス4回戦で史上最年少で日本代表に選ばれた13歳の怪物・張本智和(エリートアカデミー)が世界ランキング156位のルボミール・ピシュティ(スロバキア)に4-1で完勝。準々決勝進出を決め、史上最年少のメダル獲得に王手をかけた。

  • 伊藤美誠、早田ひな組、メダル確定! 驚異の圧勝劇で16歳コンビが16年ぶり快挙

    2017.06.02

    卓球の世界選手権(デュッセルドルフ)は2日、女子ダブルス準々決勝で伊藤美誠(スターツSC)、早田ひな(希望が丘高)組が李皓晴、杜凱栞(香港)に4-0のストレートで勝ち、同種目では01年大会以来となるメダルが確定した。

  • 13歳張本智和、世界も衝撃の下剋上 27歳水谷隼を撃破「卓球に年齢は関係ない」

    2017.06.01

    卓球の世界選手権(デュッセルドルフ)は1日、男子シングルス2回戦で史上最年少の13歳で日本代表入りした張本智和(エリートアカデミー)がリオデジャネイロ五輪銅メダルの27歳、水谷隼(木下グループ)を4-1で撃破。日本のエースから大金星を挙げ、世界の舞台で下剋上を果たした。衝撃の勝利を受け、国際卓球連盟(ITTF)は公式サイトで早くも特集を掲載。13歳は「卓球に年齢は関係ない」と語っている。

  • 13歳張本智和、エース水谷隼から大金星! 世界に震撼「衝撃的な番狂わせ」

    2017.06.01

    卓球の世界選手権(デュッセルドルフ)は1日、男子シングルス2回戦で史上最年少の13歳で日本代表入りした張本智和(エリートアカデミー)がリオデジャネイロ五輪銅メダルの27歳、水谷隼(木下グループ)を4-1で撃破した。日本の天才少年が世界の舞台で果たした下剋上を国際卓球連盟(ITTF)は「13歳が衝撃的な番狂わせを演じた」と公式ツイッターで速報。歴史的な瞬間を動画付きで紹介し、渾身のバンザイをした張本は感情を爆発させている。

  • ウッズ逮捕、虚ろ顔に衝撃 米メディア悲嘆「あの顔写真は永遠に話題の象徴となる」

    2017.05.30

    男子プロゴルフのタイガー・ウッズが飲酒または薬物の影響下で運転した疑いで逮捕されたと29日、複数の米メディアが報じた。全米を騒然とさせた逮捕劇でも話題となったのは、逮捕後に公開された顔写真だ。

  • 世界的FWも重症 膝の前十字靱帯&半月板、選手生命を左右する大怪我の予防策とは

    2017.05.27

    U-20日本代表FW小川航基(ジュビロ磐田)が、韓国で行われているU-20ワールドカップ1次リーグのウルグアイ戦で左膝前十字靭帯断裂と半月板損傷の大怪我を負った。最近では、世界でもマンチェスター・ユナイテッドFWズラタン・イブラヒモビッチが右膝前十字靭帯を損傷しているが、キャリアを左右するような重大な怪我を回避することはできるのだろうか。ジュビロ磐田の元日本代表MF中村俊輔の専属トレーナーを務める新浦安しんもり整骨院入船院の新盛淳司院長に発症のメカニズムなどについて聞いてみた。

  • 石巻に「幸せ」を― ラグビー元日本代表主将・菊谷崇らが被災地・石巻工で「夢応援」

    2017.05.15

    5月13、14日。宮城県石巻市のラグビー場で熱心に高校生を指導する2人の現役ラガーマンの姿があった。石巻工業高校ラグビー部を対象としたラグビークリニックで、熱のこもった言葉が響き渡る。

  • 錦織、復帰戦で逆転勝ち 「すごくタフな試合」の流れ変えた「スマートさ」と「幸運」

    2017.05.11

    テニスのマドリード・オープンは10日、男子シングルス2回戦が行われ、右手首痛で離脱していた第6シード・錦織圭(日清食品)が世界ランク40位のディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)に1-6、6-0、6-4のフルセットで下し、16強進出を決めた。復帰戦を白星発進となったが、錦織は逆点勝利の裏に「スマートさ」と「幸運」があったと自己分析している。ATPワールドツアー公式サイトが報じた。

  • 名門バルセロナ下部監督が語る育成論「日本とスペインの子供の能力は同等」

    2017.05.05

    「日本とスペインの子供たちが持って生まれた能力は同等だ。しかし、バルセロナと日本を比較した場合、環境が違いを生んでしまう」――ジョアン・サルバンス(元バルセロナ・カンテラ監督)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集