[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ルイス・ネリの記事一覧

  • 病院直行TKO翌日、ネリが顔ボコボコのまま過ごした1日の行動が話題 印象激変「親日家になってくれたら嬉しい」

    2024.05.08

    ボクシングの世界スーパーバンタム級(55.3キロ以下)4団体タイトルマッチ12回戦が6日、東京ドームで行われ、王者・井上尚弥(大橋)がWBC1位の指名挑戦者ルイス・ネリ(メキシコ)に6回1分22秒TKO勝ちした。敗れたネリは失意に暮れる結末となったが、一夜明けた7日は東京ディズニーランドを訪れるなど、翌日の行動が話題に。「親日家になってくれたら嬉しいね」などの声が上がっている。

  • 井上尚弥の“PFP論争”で海外は意見二分「間違いなくNo.1」「2位だ」 初回ダウンを指摘する声も

    2024.05.07

    ボクシングの世界スーパーバンタム級(55.3キロ以下)4団体タイトルマッチ12回戦が6日、東京ドームで行われ、王者・井上尚弥(大橋)がWBC1位の指名挑戦者ルイス・ネリ(メキシコ)に6回1分22秒TKO勝ちした。いきなりダウンを喫する波乱の展開も、終わってみれば日本ボクシング界に因縁がある“悪童”を粉砕。強さを見せつけられた米メディアが“PFP1位論争”を促し、海外ファンも「間違いなくNo.1」「シンプルに2位のまま」と意見が分かれる展開となっている。

  • ネリ崩落の「稲妻ダブルフック」「劇的な方法でダウン」 メキシコ報道でも井上尚弥に称賛目立つ

    2024.05.07

    ボクシングの世界スーパーバンタム級(55.3キロ以下)4団体タイトルマッチ12回戦が6日、東京ドームで行われ、王者・井上尚弥(大橋)がWBC1位の指名挑戦者ルイス・ネリ(メキシコ)に6回1分22秒TKO勝ちした。日本ボクシング界にとって因縁の“悪童”は初回にダウンを奪う見せ場を作りながら、最後は撃沈。地元メキシコメディアは井上の驚異のテクニックに注目し「これこそが怪物と呼ばれる理由」と伝えている。

  • 井上尚弥―ネリ戦 KOシーンが“野球WBC超え”史上最大のピーク視聴数を記録 アマプラ生配信

    2024.05.07

    ボクシングの世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)が7日、4団体防衛から一夜明け、神奈川・横浜市内の所属ジムで会見した。前夜は34年ぶりの東京Dボクシング興行で指名挑戦者ルイス・ネリ(メキシコ)に6回1分22秒TKO勝ち。4万3000人の観衆を熱狂させた。試合はAmazon プライム・ビデオにて「Prime Video presents Live Boxing」の第8弾として独占生配信されたが、日本のプライム・ビデオ史上最大のピーク視聴数を記録。2023年の野球ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)決勝の日本―米国戦を超えたと発表された。

  • ネリが東京ディズニーランド出没 病院直行の東京D決戦一夜明け、ボコボコの顔で園内を闊歩

    2024.05.07

    ボクシングの世界スーパーバンタム級(55.3キロ以下)4団体タイトルマッチ12回戦が6日、東京ドームで行われ、王者・井上尚弥(大橋)がWBC1位の指名挑戦者ルイス・ネリ(メキシコ)に6回1分22秒TKO勝ちした。敗れたネリは失意に暮れる結末となったが、一夜明けた7日は東京ディズニーランドを訪れた模様。自身のインスタグラムで公開している。

  • 井上尚弥から異例の“お願い” 人生初ダウン映像がSNSに拡散「切り取りやめて(笑)」「ダウンの仕方もダサい」

    2024.05.07

    ボクシングの世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)が7日、4団体防衛から一夜明け、神奈川・横浜市内の所属ジムで会見した。前夜は34年ぶりの東京Dボクシング興行で指名挑戦者ルイス・ネリ(メキシコ)に6回1分22秒TKO勝ち。4万3000人の観衆を熱狂させた。ダウンを3度奪い返して逆転勝ちしたが、初回に試合では人生初ダウン。井上は笑いながら「ダウンシーンを切り取ってXで上げるのはやめてほしい」とファンに“お願い”をしていた。

  • ネリ崩落の瞬間「こんなの見たことない」 井上に食らった右→右の連打にリング誌記者も仰天

    2024.05.07

    ボクシングの世界スーパーバンタム級(55.3キロ以下)4団体タイトルマッチ12回戦が6日、東京ドームで行われ、王者・井上尚弥(大橋)がWBC1位の指名挑戦者ルイス・ネリ(メキシコ)に6回1分22秒TKO勝ちした。ネリを沈めた右アッパー、右フックの見事なコンビネーションに米記者は「見たことない」と脱帽している。

  • 井上尚弥、ダウン直後の行動に絶賛の嵐 元王者「初なのに…」ネット「化け物すぎる」

    2024.05.07

    ボクシングの世界スーパーバンタム級(55.3キロ以下)4団体タイトルマッチ12回戦が6日、東京ドームで行われ、王者・井上尚弥(大橋)がWBC1位の指名挑戦者ルイス・ネリ(メキシコ)に6回1分22秒TKO勝ちした。初回にいきなりダウンを喫する波乱の展開。キャリア初の苦境に立たされながら立て直した姿を、元王者も絶賛。ファンからも「凄く冷静でビックリする」「クレバーさは素晴らしい」と称賛の声が上がっている。

  • 「米国や世界中が日本のファンに学ぶべき」 井上尚弥戦の東京D場外で目撃された人の列に海外称賛

    2024.05.07

    ボクシングの世界スーパーバンタム級(55.3キロ以下)4団体タイトルマッチ12回戦が6日、東京ドームで行われ、王者・井上尚弥(大橋)がWBC1位の指名挑戦者ルイス・ネリ(メキシコ)に6回1分22秒TKO勝ちした。34年ぶりに開催された東京Dボクシング興行の場外では、日本のボクシングファンがこの興行で敗れた海外選手に対して“リスペクト”を見せるシーンも。トップランク社の広報担当者が写真を公開すると、海外ファンから「本当に感謝している」と称賛されている。

  • 完敗ネリ、フェザー級に転向示唆「アディオス122」 SNSで再起も宣言「俺は最後まで諦めない」

    2024.05.07

    ボクシングの世界スーパーバンタム級(55.3キロ以下)4団体タイトルマッチ12回戦が6日、東京ドームで行われ、王者・井上尚弥(大橋)がWBC1位の指名挑戦者ルイス・ネリ(メキシコ)に6回1分22秒TKO勝ちした。34年ぶりに開催された東京Dボクシング興行。敗れたネリは病院へ直行。一夜明けたこの日、自身のXで「アディオス 122」などと呟き、フェザー級への転向を示唆するような投稿をした。

  • 「米国で戦え」論争一蹴した井上尚弥の衝撃TKOをESPN絶賛 米ファンへ「君たちは今史上最高を目撃してる!」

    2024.05.07

    ボクシングの世界スーパーバンタム級(55.3キロ以下)4団体タイトルマッチ12回戦が6日、東京ドームで行われ、王者・井上尚弥(大橋)がWBC1位の指名挑戦者ルイス・ネリ(メキシコ)に6回1分22秒TKO勝ちした。34年ぶりに開催された東京Dボクシング興行。井上の試合を巡っては「本場のアメリカで開催しろ」という論調も根強いが、試合を中継したスポーツ専門局「ESPN」の実況席は「あなたたちは今、史上最高の選手の一人を目撃している」と手放しで絶賛した。

  • 敗北ネリ、再戦希望「もちろん」 素直に脱帽「井上の術中にはまった。文句を言うつもりない」

    2024.05.07

    ボクシングの世界スーパーバンタム級(55.3キロ以下)4団体タイトルマッチ12回戦が6日、東京ドームで行われ、王者・井上尚弥(大橋)がWBC1位の指名挑戦者ルイス・ネリ(メキシコ)に6回1分22秒TKO勝ちした。34年ぶりに開催された東京Dボクシング興行。敗れたネリは病院へ直行し、会見などは行われなかったが、母国メキシコメディアによると井上の実力に脱帽しつつ、再戦を希望しているという。

  • ネリの鼻が歪み、目が潤んだ戦慄の1枚 世界的カメラマンが激写した井上尚弥のTKOに海外衝撃

    2024.05.07

    ボクシングの世界スーパーバンタム級(55.3キロ以下)4団体タイトルマッチ12回戦が6日、東京ドームで行われ、王者・井上尚弥(大橋)がWBC1位の指名挑戦者ルイス・ネリ(メキシコ)に6回1分22秒TKO勝ちした。34年ぶりに開催された東京Dボクシング興行。決着の瞬間は、井上の強烈な右を食らったネリが首を鞭打つようにして倒れ込んだ。世界的カメラマン・福田直樹氏が撮影した写真を米興行大手「トップランク」が公開。ファンの間に驚きが広がった。

  • 完敗ネリ、母国メディアに胸張る「間違いなく俺は日本の脅威」「日本で2勝した唯一のメキシコ人だ」

    2024.05.07

    ボクシングの世界スーパーバンタム級(55.3キロ以下)4団体タイトルマッチ12回戦が6日、東京ドームで行われ、王者・井上尚弥(大橋)がWBC1位の指名挑戦者ルイス・ネリ(メキシコ)に6回1分22秒TKO勝ちした。34年ぶりに開催された東京Dボクシング興行。敗れたネリは病院へ直行し、会見などは行われなかったが、母国メキシコメディアが本人の言葉を伝えている。

  • 井上尚弥ダウンに大喜び→意気消沈するカシメロが話題「相変わらず反応が素直」「もう大ファン」

    2024.05.07

    ボクシングの世界スーパーバンタム級(55.3キロ以下)4団体タイトルマッチ12回戦が6日、東京ドームで行われ、王者・井上尚弥(大橋)がWBC1位の指名挑戦者ルイス・ネリ(メキシコ)に6回1分22秒TKO勝ちした。かつて井上と対戦が決定しながら実現しなかったジョンリエル・カシメロ(フィリピン)もこの試合をリアルタイムで観戦していた模様。ネット上でもその様子が話題になっていた。

  • ネリ、一夜明け再起宣言「もっと強くなって帰って来る」 病院直行の完敗も「ここで終わりじゃない」当初は年内引退明言

    2024.05.07

     ボクシングの世界スーパーバンタム級(55.3キロ以下)4団体タイトルマッチ12回戦が6日、東京ドームで行われ、王者・井上尚弥(大橋)がWBC1位の指名挑戦者ルイス・ネリ(メキシコ)に6回1分22秒TKO勝ちした。34年ぶりに開催された東京Dボクシング興行。敗れたネリは一夜明けた7日、SNSで再起を宣言した。

  • 井上尚弥に「Hahahaha!」 米ESPN実況席が緊迫の試合中に爆笑したワンシーン「見てください!」

    2024.05.07

    ボクシングの世界スーパーバンタム級(55.3キロ以下)4団体タイトルマッチ12回戦が6日、東京ドームで行われ、王者・井上尚弥(大橋)がWBC1位の指名挑戦者ルイス・ネリ(メキシコ)に6回1分22秒TKO勝ちした。34年ぶりに開催された東京Dボクシング興行。過去にドーピング騒動や体重超過を起こし、日本と因縁深い悪童を成敗した。初回にまさかのプロ初ダウンを喫してからの完勝劇だったが、試合中にはネリに対して挑発に打って出るシーンで沸かせた。

  • ネリの首が鞭打った戦慄の決定的瞬間にネット衝撃 井上尚弥の右で「首がぐにゃり」「骨折しそうな勢いで…」

    2024.05.07

    ボクシングの世界スーパーバンタム級(55.3キロ以下)4団体タイトルマッチ12回戦が6日、東京ドームで行われ、王者・井上尚弥(大橋)がWBC1位の指名挑戦者ルイス・ネリ(メキシコ)に6回1分22秒TKO勝ちした。34年ぶりに開催された東京Dボクシング興行。決着の瞬間は、井上の強烈な右を食らったネリが首を鞭打つようにして倒れ込んだ。米メディアが公開した様子には「首が骨折しそうな勢いで吹っ飛んでる」との声が集まった。

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集