[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ネリ崩落の瞬間「こんなの見たことない」 井上に食らった右→右の連打にリング誌記者も仰天

ボクシングの世界スーパーバンタム級(55.3キロ以下)4団体タイトルマッチ12回戦が6日、東京ドームで行われ、王者・井上尚弥(大橋)がWBC1位の指名挑戦者ルイス・ネリ(メキシコ)に6回1分22秒TKO勝ちした。ネリを沈めた右アッパー、右フックの見事なコンビネーションに米記者は「見たことない」と脱帽している。

ルイス・ネリに6回TKO勝ちした井上尚弥【写真:荒川祐史】
ルイス・ネリに6回TKO勝ちした井上尚弥【写真:荒川祐史】

ネリに6回TKO勝利

 ボクシングの世界スーパーバンタム級(55.3キロ以下)4団体タイトルマッチ12回戦が6日、東京ドームで行われ、王者・井上尚弥(大橋)がWBC1位の指名挑戦者ルイス・ネリ(メキシコ)に6回1分22秒TKO勝ちした。ネリを沈めた右アッパー、右フックの見事なコンビネーションに米記者は「見たことない」と脱帽している。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 決着は6回だった。ロープ際にネリを追い詰めた井上。右アッパーを叩き込むと、直後に狙いすました右フック一閃。あまりの衝撃にネリはロープに首を打ち付け無残に崩れ落ちた。目は潤んでいるようにも見え、思わず口からマウスピースを吐き出す。レフェリーが両手を振って試合を終わらせた。

 世界で最も権威ある米専門誌「ザ・リング」のライアン・ソンガリア記者は自身のX(旧ツイッター)げ決着シーンを振り返り。「右アッパーから右フック。こんなコンビネーションは今まで見たことがない。これこそイノウエが極めて危険なパンチャーである理由だ。最小限の出力で完璧なローテーションを生み出してしまうのだから」と感嘆していた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集