[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、ダウン直後の行動に絶賛の嵐 元王者「初なのに…」ネット「化け物すぎる」

ボクシングの世界スーパーバンタム級(55.3キロ以下)4団体タイトルマッチ12回戦が6日、東京ドームで行われ、王者・井上尚弥(大橋)がWBC1位の指名挑戦者ルイス・ネリ(メキシコ)に6回1分22秒TKO勝ちした。初回にいきなりダウンを喫する波乱の展開。キャリア初の苦境に立たされながら立て直した姿を、元王者も絶賛。ファンからも「凄く冷静でビックリする」「クレバーさは素晴らしい」と称賛の声が上がっている。

ルイス・ネリに6回TKO勝ちした井上尚弥【写真:荒川祐史】
ルイス・ネリに6回TKO勝ちした井上尚弥【写真:荒川祐史】

井上尚弥がネリを6回TKO

 ボクシングの世界スーパーバンタム級(55.3キロ以下)4団体タイトルマッチ12回戦が6日、東京ドームで行われ、王者・井上尚弥(大橋)がWBC1位の指名挑戦者ルイス・ネリ(メキシコ)に6回1分22秒TKO勝ちした。初回にいきなりダウンを喫する波乱の展開。キャリア初の苦境に立たされながら立て直した姿を、元王者も絶賛。ファンからも「凄く冷静でビックリする」「クレバーさは素晴らしい」と称賛の声が上がっている。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 井上は初回、ネリの左フックを被弾。試合ではまさかの人生初ダウンを奪われた。それでも冷静さを失わず、2回はネリの打ち終わりに狙いすました左フックでダウンを奪い返すと、5回終盤にはロープに詰められたが、左フックで2度目のダウンを奪った。決着は6回。井上の連打でネリが3度目のダウンを喫し、レフェリーストップとなった。

 いきなりのダウンというピンチを克服した井上。独占生配信されたAmazon プライム・ビデオで解説を務めた元世界3階級制覇王者・長谷川穂積氏は「たぶん、人生初ダウンだと思うんですよ。初ダウンなのに8カウントまで片膝ついて座っていた。イメージトレーニングしてるんですよ。普通はすぐ立ち上がる。初ダウンであれができるのは、彼はこういうピンチも来るかもしれないと。僕らが想像しているだけで、彼は彼なりにいろんなものと戦っているんだと思います」と冷静にリカバリーした行動を絶賛した。

 ネット上の日本人ファンからも「8カウントまで膝ついたらラウンド残り時間を凌げるようになるの化け物すぎませんか」「これは凄く冷静でビックリする」「ダウンしてから8カウントまで待って回復させてから立ち上がるところがさすが! あらゆることをちゃんと想定しているから本当に強いんだと思う! 普通あんなにあっさり逆転できない」「クレバーさは素晴らしい」といった称賛の声が相次いだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集