[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷11号被弾で漏れた嘆き「陥ってはいけないんですよ…」 3戦4発の絶好調男に「外れるはずだった」

米大リーグ、ドジャースの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、本拠地で行われたマーリンズ戦の初回に11号2ランを放ち、大リーグ単独トップに立った。4日(同5日)のブレーブス戦から3試合連続、4本目の本塁打に、敵地側の放送席では、解説者が嘆きを連発している。「不利なカウントに陥っては…」と、打たれるべくして打たれたと言いたげだ。

第1打席で11号2ランを放ったドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
第1打席で11号2ランを放ったドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

マーリンズ側の放送席、解説者の嘆き止まらず

 米大リーグ、ドジャースの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、本拠地で行われたマーリンズ戦の初回に11号2ランを放ち、大リーグ単独トップに立った。4日(同5日)のブレーブス戦から3試合連続、4本目の本塁打に、敵地側の放送席では、解説者が嘆きを連発している。「不利なカウントに陥っては…」と、打たれるべくして打たれたと言いたげだ。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 2点を追う初回1死一塁で打席に立った大谷は、先発右腕ムニョスの5球目を真っすぐ中堅へはじき返した。打球速度107.6マイル(約173.1キロ)、飛距離441フィート(約134.4メートル)の大アーチがバックスクリーンへ。チームは2-2の同点に追いつき、大谷は本塁打ランキングで大リーグ単独トップに浮上した。

 打ったのは96マイル(約154.5キロ)の直球。これに米フロリダ州の地元放送局「バリー・スポーツ・フロリダ&バリー・スポーツ・サン」実況席は、嘆きを連発している。

 実況のポール・セベリーノ氏が「彼は絶好調です」とここ3戦で4本目の本塁打を放った大谷に触れると、解説のジェフ・ネルソン氏は「不利なカウントに陥ってはいけないんですよ……」として、絶好調の打者を攻め切れていないと指摘。

 続けて「ストライクゾーンに入ってしまいました。ベルトよりも高い位置でしたね」「この速球はストライクゾーンから外れるはずの球でした。それがストライクゾーンに入ってしまった」と、捕手が外そうとしたボールが浮いて外角高めに行ってしまったと、制球ミスを指摘して再び嘆いている。

 また、ドジャースのベッツ、大谷、フリーマンと並ぶ打線に触れ「このラインナップには穴がない。彼らを打ち取るために投げられるっていう男はいない。ドジャースのラインナップは1番から9番まで、叩きのめしてくる。ピッチャーとしてはコントロールをしっかりしないといけない」と投手陣の反省を促していた。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集