[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「米国や世界中が日本のファンに学ぶべき」 井上尚弥戦の東京D場外で目撃された人の列に海外称賛

ボクシングの世界スーパーバンタム級(55.3キロ以下)4団体タイトルマッチ12回戦が6日、東京ドームで行われ、王者・井上尚弥(大橋)がWBC1位の指名挑戦者ルイス・ネリ(メキシコ)に6回1分22秒TKO勝ちした。34年ぶりに開催された東京Dボクシング興行の場外では、日本のボクシングファンがこの興行で敗れた海外選手に対して“リスペクト”を見せるシーンも。トップランク社の広報担当者が写真を公開すると、海外ファンから「本当に感謝している」と称賛されている。

4団体タイトルマッチ12回戦、ネリにTKO勝ちした井上尚弥【写真:荒川祐史】
4団体タイトルマッチ12回戦、ネリにTKO勝ちした井上尚弥【写真:荒川祐史】

海外が注目した場外での交流

 ボクシングの世界スーパーバンタム級(55.3キロ以下)4団体タイトルマッチ12回戦が6日、東京ドームで行われ、王者・井上尚弥(大橋)がWBC1位の指名挑戦者ルイス・ネリ(メキシコ)に6回1分22秒TKO勝ちした。34年ぶりに開催された東京Dボクシング興行の場外では、日本のボクシングファンがこの興行で敗れた海外選手に対して“リスペクト”を見せるシーンも。トップランク社の広報担当者が写真を公開すると、海外ファンから「本当に感謝している」と称賛されている。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 東京ドームの場外に黒のジャージー姿で現れたのは、セミで武居由樹(大橋)に判定で敗れ、WBO世界バンタム級王者から陥落したジェイソン・マロニー(オーストラリア)。日本人ファンから握手を求められ、さらにマロニーと交流しようというファンの列もできた。周囲も大騒ぎすることなく、マロニーを見つめている様子。自国である日本の挑戦者と戦った海外の王者に対しても日本のボクシングファンのリスペクトが垣間見えるシーンだった。

 米興行大手・トップランク社の広報担当エバン・コーン氏は自身のX(旧ツイッター)で「ジェイソン・マロニーに敬意を示す日本のファンたち」と記し、その様子を公開。海外ファンからは「日本の観客は静かだとか、エネルギー不足だとか、批判する人がたくさんいるのは知っているが、特に自国のボクサーに対しての対戦相手へどれだけ敬意を払っているかは、本当に感謝している。米国だけでなく世界中が彼らから学ぶことができると思う」と、日本人ファンの姿勢を称賛する声が上がった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集