[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

敗北ネリ、再戦希望「もちろん」 素直に脱帽「井上の術中にはまった。文句を言うつもりない」

ボクシングの世界スーパーバンタム級(55.3キロ以下)4団体タイトルマッチ12回戦が6日、東京ドームで行われ、王者・井上尚弥(大橋)がWBC1位の指名挑戦者ルイス・ネリ(メキシコ)に6回1分22秒TKO勝ちした。34年ぶりに開催された東京Dボクシング興行。敗れたネリは病院へ直行し、会見などは行われなかったが、母国メキシコメディアによると井上の実力に脱帽しつつ、再戦を希望しているという。

井上尚弥に6回TKO負けしたルイス・ネリ【写真:荒川祐史】
井上尚弥に6回TKO負けしたルイス・ネリ【写真:荒川祐史】

井上尚弥と対戦、初回ダウン奪取も6回TKO負け

 ボクシングの世界スーパーバンタム級(55.3キロ以下)4団体タイトルマッチ12回戦が6日、東京ドームで行われ、王者・井上尚弥(大橋)がWBC1位の指名挑戦者ルイス・ネリ(メキシコ)に6回1分22秒TKO勝ちした。34年ぶりに開催された東京Dボクシング興行。敗れたネリは病院へ直行し、会見などは行われなかったが、母国メキシコメディアによると井上の実力に脱帽しつつ、再戦を希望しているという。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 初回に左フックを井上の顎に着弾させ、ダウンを奪ったネリ。しかし、そこからモンスターに盛り返されると、計3度のダウンを喫し、6回TKOで敗れた。ダメージの色濃いネリは決着後、すぐに立ち上がれず呆然。試合後、井上と健闘を称え合う握手を交わしたが、病院へ直行。関係者からは「本日のネリ選手のインタビューは大事を取って病院に行くため、実施はなしとなりました」とアナウンスされた。

 メキシコメディア「アステカTV」は、試合後のネリのコメントを記事で伝えている。その中で井上の実力については「試合では彼の術中にはまってしまった。これは俺のミスでもあるが、彼のペースの試合になってしまった。彼が勝ったことは紛れもない事実であり、それに対して文句を言うつもりはない」と素直に脱帽している。

 敗戦直後には母国ファンを中心にエールが届いていたようだ。「俺には本当に、たくさんのファンがいる。リングを降りた後に多くのファンからの愛を感じたし、俺の敗戦を泣いて悲しんでくれたファンもたくさんいた」「本当はチャンピオンとして帰国したかったが、残念ながらそれは叶わなかった」などとも語っている。

 井上との再戦希望については「もちろん。いつでも再戦したいと思っている。またここに戻ってきたい。ディフェンスを強化して、もっと強くなり勝つためにここに戻ってきたい」と明言。「勝つことはできなかったが、まだ終わっていない。リングの上で死ぬというメキシコ人らしさは見せることができた」とも胸を張っている。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集