[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「米国で戦え」論争一蹴した井上尚弥の衝撃TKOをESPN絶賛 米ファンへ「君たちは今史上最高を目撃してる!」

ボクシングの世界スーパーバンタム級(55.3キロ以下)4団体タイトルマッチ12回戦が6日、東京ドームで行われ、王者・井上尚弥(大橋)がWBC1位の指名挑戦者ルイス・ネリ(メキシコ)に6回1分22秒TKO勝ちした。34年ぶりに開催された東京Dボクシング興行。井上の試合を巡っては「本場のアメリカで開催しろ」という論調も根強いが、試合を中継したスポーツ専門局「ESPN」の実況席は「あなたたちは今、史上最高の選手の一人を目撃している」と手放しで絶賛した。

34年ぶりに開催された東京Dボクシング興行でネリに完勝を飾った井上尚弥【写真:荒川祐史】
34年ぶりに開催された東京Dボクシング興行でネリに完勝を飾った井上尚弥【写真:荒川祐史】

「今や軽量級の本場はここ日本にある」の言葉を証明する6ラウンドにESPN実況席興奮

 ボクシングの世界スーパーバンタム級(55.3キロ以下)4団体タイトルマッチ12回戦が6日、東京ドームで行われ、王者・井上尚弥(大橋)がWBC1位の指名挑戦者ルイス・ネリ(メキシコ)に6回1分22秒TKO勝ちした。34年ぶりに開催された東京Dボクシング興行。井上の試合を巡っては「本場のアメリカで開催しろ」という論調も根強いが、試合を中継したスポーツ専門局「ESPN」の実況席は「あなたたちは今、史上最高の選手の一人を目撃している」と手放しで絶賛した。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 初回にプロ初ダウンを喫しながら、終わってみれば完勝を飾った井上。濃密な試合の決着は6回だ。井上の連打でネリが3度目のダウンを喫した。最後は右をもろに食らった挑戦者の首が鞭打ち、レフェリーストップ。モンスターはコーナーにのぼり、雄叫びを上げた。4万人から万雷の「尚弥!」コール。この模様をストリーミングサービスで中継したESPN実況席も大興奮だ。

 解説の元世界2階級制覇王者ティモシー・ブラッドリー氏はTKO直前から目を見開き、「この試合はもうすぐ終わるぞ。ネリはこんなパンチを何度も受け続けられない」とまくし立てた。そして、決着の瞬間。実況のジョー・テシトーレ氏は「右が決まった! ネリが崩れ落ちた! そして、モンスターが吼えた! またやってのけました!」「満員の東京ドームの期待を遥かに上回って見せました!」などと絶叫し、アメリカのボクシングファンに伝えた。

 試合終了後、テシトーレ氏は「我々は常にボクシングで『偉大』という言葉の使い方には気をつけています。しかし、皆さん、あなたたちは今、史上最高の選手の一人を目撃しているのですよ!」と改めてモンスターの価値を強調。「疑いなど何もない。4団体統一王者が価値ある挑戦者を、またしても破壊してしまいました!」と手放しで賛辞を並べ、ブラッドリー氏は「もう今の時点で殿堂入りは確実だ」と唸るしかなった。

 井上を巡っては最近は国内中心で戦うことから、米ボクシング界から「アメリカに来て戦え」という論調が戦前にあった。しかし、本人は「今や軽量級の本場はここ日本にある。試合が見たいのなら日本に来ればいい。日本のマーケット以上の物がアメリカにあるのなら喜んで行く。それだけの価値がここ日本にはある」とSNSに記した通り、ボクシングの面白さを凝縮した6ラウンドを展開。目の肥えたESPNの実況席はその価値を誰よりも認識していた。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集