[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥の“PFP論争”で海外は意見二分「間違いなくNo.1」「2位だ」 初回ダウンを指摘する声も

ボクシングの世界スーパーバンタム級(55.3キロ以下)4団体タイトルマッチ12回戦が6日、東京ドームで行われ、王者・井上尚弥(大橋)がWBC1位の指名挑戦者ルイス・ネリ(メキシコ)に6回1分22秒TKO勝ちした。いきなりダウンを喫する波乱の展開も、終わってみれば日本ボクシング界に因縁がある“悪童”を粉砕。強さを見せつけられた米メディアが“PFP1位論争”を促し、海外ファンも「間違いなくNo.1」「シンプルに2位のまま」と意見が分かれる展開となっている。

ルイス・ネリに6回TKO勝ちした井上尚弥【写真:荒川祐史】
ルイス・ネリに6回TKO勝ちした井上尚弥【写真:荒川祐史】

井上尚弥がネリを6回TKO

 ボクシングの世界スーパーバンタム級(55.3キロ以下)4団体タイトルマッチ12回戦が6日、東京ドームで行われ、王者・井上尚弥(大橋)がWBC1位の指名挑戦者ルイス・ネリ(メキシコ)に6回1分22秒TKO勝ちした。いきなりダウンを喫する波乱の展開も、終わってみれば日本ボクシング界に因縁がある“悪童”を粉砕。強さを見せつけられた米メディアが“PFP1位論争”を促し、海外ファンも「間違いなくNo.1」「シンプルに2位のまま」と意見が分かれる展開となっている。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 井上の防衛を受け、米スポーツ専門局「ESPNリングサイド」の公式インスタグラムは4本のベルトを巻いた井上の写真とともに「ナオヤ・イノウエは現在、ESPNの男子P4Pランキングで2位となっている」「ルイス・ネリ戦でのパフォーマンスを受けてトップの座を得るべきか?」とつづった。

 階級を超えた格付けランク「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」で、同局での1位は世界ウェルター級3団体統一王者テレンス・クロフォード(米国)。井上は2位となっており、その変動があるかを問いかけた形だ。

 海外ファンからは「彼にトップの座を与えるべきだ。バド(クロフォードの愛称)はあまり活動的じゃないから」「イノウエがトップ、カネロが2位、バドが3位だな」「バドは彼を超えるほど活動してない」「イノウエはこのスポーツで最もアクティブなボクサーで王者だ。間違いなくNo.1だ」「カネロを3位にして、イノウエを1位にしろ」「あの男はバドの最後の試合以降3回も戦ったんだ。トップにならないわけないだろ」など、井上を1位に評価する声が上がった。

 一方で「彼は倒されたんだ。間違いなく上がれない!」「いいや、彼はシンプルに2位のままだ。だって第1ラウンドで倒されたんだから」といった声も。初回にいきなりプロ初のダウンを喫したことの心象を指摘する声も。海外メディアやファンによる“PFP論争”は燃え上がりそうだ。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集