[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷11号で響いた絶叫「あり得ない!」「ショットガンの音がしたぞ!」 そして訪れた20秒の沈黙

米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、本拠地マーリンズ戦に「2番・DH」で先発出場。第1打席で11号2ランを放った。打球速度107.6マイル(約173.1キロ)、飛距離441フィート(約134.4メートル)の特大弾。本塁打ランキングでメジャー単独トップに浮上した一打に、地元放送局は「ショットガンのような音がした」と伝えると、しばし沈黙していた。

第1打席で11号2ランを放ったドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
第1打席で11号2ランを放ったドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

本拠地マーリンズ戦に「2番・DH」で先発

 米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、本拠地マーリンズ戦に「2番・DH」で先発出場。第1打席で11号2ランを放った。打球速度107.6マイル(約173.1キロ)、飛距離441フィート(約134.4メートル)の特大弾。本塁打ランキングでメジャー単独トップに浮上した一打に、地元放送局は「ショットガンのような音がした」と伝えると、しばし沈黙していた。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 もはや言葉が続かない。2点を先制されて迎えた初回無死一塁の第1打席。大谷は相手先発ムニョスの速球をとらえると、打球は中堅フェンスを楽々と越えていった。豪快11号2ランにスタンドは大興奮。前日のブレーブス戦で2本塁打を放ち、両リーグ最多タイの10号に到達していたが、これでメジャー単独トップに立った。

 3戦連続のホームラン。中継していた地元放送局スポーツネットLAの実況を務めたジョー・デイビス氏は打った瞬間、「あり得ない!ショットガンのような音がしたぞ! またいった!」と絶叫。その後、大谷がダイヤモンドを一周する間の約20秒間、完全に沈黙した。

 その後に口を開いたデービス氏は「いい打者がいれば、いいパワーを持った打者もいる。そしてパワーを兼ね備えた素晴らしい打者もいるということだ」と大谷の衝撃打を称賛していた。この日は3打数2安打2打点、1四球2盗塁の活躍で6-3の勝利に貢献。打率.370、11本塁打など多くの部門でメジャートップに立っている。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集