[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥に「ボコボコのメッタメタ」 スパーで対戦した新王者・武居由樹が感謝「試合に生きた」

ボクシングの34年ぶり東京ドーム興行で勝利した選手たちが試合から一夜明けた7日、会見した。WBO世界バンタム級新王者・武居由樹、WBA世界同級王者・井上拓真(ともに大橋)は神奈川・横浜市内の所属ジムで実施。新王者に就いた武居は同門の井上尚弥とのスパーリングに感謝し、拓真は統一王者へ気を引き締めた。

一夜明け会見に登場した武居由樹(左)と八重樫東【写真:浜田洋平】
一夜明け会見に登場した武居由樹(左)と八重樫東【写真:浜田洋平】

衝撃の逆転TKOから一夜明け会見

 ボクシングの34年ぶり東京ドーム興行で勝利した選手たちが試合から一夜明けた7日、会見した。WBO世界バンタム級新王者・武居由樹、WBA世界同級王者・井上拓真(ともに大橋)は神奈川・横浜市内の所属ジムで実施。新王者に就いた武居は同門の井上尚弥とのスパーリングに感謝し、拓真は統一王者へ気を引き締めた。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 豪華な一夜明け会見となった。武居と拓真は、世界スーパーバンタム級4団体統一王者の尚弥とともに会見。セミファイナルと務めた武居は最終12回にダウン寸前となった末、王者ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に3-0の判定勝ちした激闘を振り返った。「みんなからたくさんパワーをいただいた」と感謝し、「ホッとしているけど、内容はまだまだ。まだ成長できる」と話した。

 実は試合1か月前に尚弥と10ラウンドのスパーを実施。大橋秀行会長は「やらせたくなかった」と言うが、尚弥は「僕が一方的にやりたいと言って」と明かした。防戦一方となった武居に対し、周囲は「武居、止めれるぞ! 頑張れ!」と叫ぶほどだったという。武居は当時を振り返った。

「凄くいい経験だけど、本当にボコボコのメッタメタ。格闘技人生で一番ボコボコ。(尚弥に向かって)ありがとうございました。尚弥さんと練習して自信になったわけではないけど、いい経験になった。試合に生きたと思う」

 本番はマロニーの猛攻に耐えきる展開。尚弥は「互いにマススパー(拳を軽く当てる程度の練習)に毛の生えたようなもんですよ。1か月前なのでガチガチの殴り合いじゃないです」とフォローした。元世界3階級制覇王者の八重樫東トレーナーは、武居の成長を労った。

「判定までいったら持って行かれると思っていたけど、試合が決まってから昨日までの日々の武居の成長が、判定でもポイントを取れるようなボクシングになったんじゃないかなと。何よりついこの前の会見でも言いましたが、ワンツーを打てるようになった。嘘でしょと思う人もいたと思いますけど、嘘じゃなくて本当に昨日の試合でも打っていた。それが彼の成長です」

 バンタム級は武居と拓真のほか、WBC王座に中谷潤人(M.T)、4日にIBF王座に就いたばかりの西田凌佑(六島)がおり、武居の勝利で全4つのベルトを日本人が独占。武居は「まずは王者になるのを目標にしていた。次はまず1回防衛を。ここがスタートラインになるので次の目標に突っ走るだけ」と先を見据えた。

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集