[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

平野歩夢の記事一覧

平野歩夢

  • 生年月日:1998年11月29日
  • 出身地:新潟県
  • 身長:165㎝
  • 主な表彰:五輪銀メダル(2014年、18年)
平野歩夢(ひらの・あゆむ)は日本の男子スノーボード選手。専門はハーフパイプ。新潟県村上市出身。TOKIOインカラミ所属。15歳の時に2014年ソチオリンピック(五輪)に出場し、スノーボード競技で日本人初となる銀メダルに輝いた。これは冬季五輪の日本人最年少メダリスト記録であり、スノーボード競技における史上最年少メダル保持者としてギネス記録に認定されている。18年平昌五輪でも2大会連続となる銀メダルを獲得。21年東京五輪のスケートボードにも出場。予選落ちに終わったが、日本人5人目となる夏季と冬季の五輪出場選手となった。【写真:Getty Images】
  • 平野歩夢、TVとは角度が違う“金メダル確定ラン”に女子ボーダー興奮「アユムを見よ」

    2022.02.12

    北京五輪は11日、スノーボードの男子ハーフパイプ決勝が行われ、平野歩夢(TOKIOインカラミ)が金メダルを獲得した。圧巻の3回目の試技を真正面、関係者ゾーンから撮影した動画を海外女子選手がSNSに公開。大歓声の臨場感に、海外ファンからは「伝説的」「素晴らしい」などとコメントが寄せられている。

  • 平野歩夢が地元で愛される理由 後援会理事長が思い出す、郷土愛あふれる3兄弟の姿

    2022.02.12

    「THE ANSWER」は北京五輪期間中、選手や関係者の知られざるストーリー、競技の専門家解説や意外と知らない知識を紹介し、五輪を新たな“見方”で楽しむ「THE ANSWER的 オリンピックのミカタ」を連日掲載する。

  • 平野歩夢、再転向で24年パリ五輪挑戦は? スケボー東京五輪監督ら期待「トップの実力ある」

    2022.02.12

    北京五輪スノーボード・ハーフパイプ男子で金メダルを獲得した23歳の平野歩夢(TOKIOインカラミ)に、再びスケートボードとの“二刀流”に期待する声が高まっている。2024年のパリ五輪は2年後に迫る。東京五輪でスケートボード男子パークに出場し、14位だった平野がどうするのか、注目が集まるところだ。

  • 平野歩夢の逆転金 伊メディアは漢字の意味を紹介して絶賛「アユムは夢の中を歩く」

    2022.02.12

    北京五輪は11日、スノーボードの男子ハーフパイプ決勝が行われ、冬季五輪2大会連続銀メダルの平野歩夢(TOKIOインカラミ)が96.00点で日本スノーボード史上初の金メダルを獲得した。イタリア国営メディアは「全ての人間を呆然とさせた」「ライバルは称賛する以外に何もできない」と報じている。

  • 平野歩夢、採点論争を未然に防いだ金メダルに英紙称賛「全ての解説者たちは安堵した」

    2022.02.12

    北京五輪は11日、スノーボードの男子ハーフパイプ決勝が行われ、平野歩夢(TOKIOインカラミ)が金メダルを獲得した。最後の試技で逆転優勝となったが、2本目の得点の低さには米国で五輪放映権を持つ放送局「NBCスポーツ」の実況席も疑問を呈していた。これに英メディアも注目。「全ての解説者は安堵した。採点の論争を話題にしなくて良くなったから」などと指摘している。

  • 平野歩夢、大逆転許した豪選手が称賛「彼の力は知ってる。ファンタスティックなラン」

    2022.02.11

    北京五輪は11日、スノーボード男子ハーフパイプ決勝が行われ、冬季五輪2大会連続銀メダルの23歳の平野歩夢(TOKIOインカラミ)が日本スノーボード史上初の金メダルを獲得した。最終試技で大逆転。それまでトップにいたが、銀メダルになった27歳のスコッティ・ジェームズ(オーストラリア)は「ファンタスティックなランだったね」と平野を称えている。

  • 平野歩夢&伝説ホワイト、中継とは別アングルの抱擁シーンに感動「待受にします」

    2022.02.11

    北京五輪は11日、スノーボード男子ハーフパイプ決勝が行われ、冬季五輪2大会連続銀メダルの平野歩夢(TOKIOインカラミ)が日本スノーボード史上初の金メダルを獲得した。五輪を3度制覇したショーン・ホワイト(米国)は4位。競技後に新旧王者がハグを交わし、健闘を称え合った。ホワイトの背中越しから撮られた画像を日本語版のオリンピック公式SNSが公開すると、ファンから「待受にします」「今大会1番の良いシーン」と反響が集まっている。

  • 平野歩夢、スノボ史に残る超大技連発で中国のネット称賛「スポーツに国籍関係ない」

    2022.02.11

    北京五輪は11日、スノーボードの男子ハーフパイプ決勝が行われ、冬季五輪2大会連続銀メダルの平野歩夢(TOKIOインカラミ)が96.00点を記録し、日本スノーボード史上初の金メダルを獲得した。中国メディアも平野の快挙を報じたが、電子版の記事には「初めて日本人の金メダル獲得に感動」「称賛に値」などと中国のユーザーからも称えるコメントが集まった。

  • 平野歩夢、東京五輪から半年で勝てた理由 スケボー監督が見た「雪と陸」を分けない思考

    2022.02.11

    「THE ANSWER」は北京五輪期間中、選手や関係者の知られざるストーリー、競技の専門家解説や意外と知らない知識を紹介し、五輪を新たな“見方”で楽しむ「THE ANSWER的 オリンピックのミカタ」を連日掲載する。

  • 平野歩夢の採点、米NBC実況席は怒りのち熱狂 2本目「茶番だ…」→3本目「正義だ!」

    2022.02.11

    北京五輪は11日、スノーボードの男子ハーフパイプ決勝が行われ、冬季五輪2大会連続銀メダルの平野歩夢(TOKIOインカラミ)が96.00点を記録し、日本スノーボード史上初の金メダルを獲得した。2回目は大技連発するも得点は伸びずに2位となったが、最終試技で大逆転した。米国で五輪放映権を持つ放送局「NBCスポーツ」の実況席は採点に揺れ、「こんなはずがない!」と大混乱から一転、「正義だ!」と熱狂した。

  • 平野歩夢も「怒り」沸いた2本目の低採点 本場の米記者も憤慨「は?最低95点でしょ」

    2022.02.11

    北京五輪は11日、スノーボードの男子ハーフパイプ決勝が行われ、冬季五輪2大会連続銀メダルの平野歩夢(TOKIOインカラミ)が96.00点を記録し、日本スノーボード史上初の金メダルを獲得した。超大技「トリプルコーク1440」にも五輪史上初めて成功。2回目を終えて2位だったが、最後に逆転で悲願の金を掴んだ。銀メダルはスコット・ジェームズ(オーストラリア)、銅メダルはヤン・シェレル(スイス)。

  • 「謎採点から異次元の滑り」 平野歩夢が演じた大逆転金メダルにネット号泣

    2022.02.11

    北京五輪は11日、スノーボードの男子ハーフパイプ決勝が行われ、冬季五輪2大会連続銀メダルの平野歩夢(TOKIOインカラミ)が96.00点で日本スノーボード史上初の金メダルを獲得した。昨夏の東京五輪でスケートボードに出場。そこからわずか190日の決勝だったが、超大技「トリプルコーク1440」にも五輪史上初めて成功。2回目を終えて2位から、全体最終の3本目で大逆転金メダルを掴んだ。

  • 大逆転金の平野歩夢、スケボー堀米雄斗も「歩夢おめでとう」 幼少期2ショットで祝福

    2022.02.11

    北京五輪は11日、スノーボードの男子ハーフパイプ決勝が行われ、冬季五輪2大会連続銀メダルの平野歩夢(TOKIOインカラミ)が96.00点を記録し、日本スノーボード史上初の金メダルを獲得した。2回目を終えて2位だったが、最後の試技で逆転。東京五輪で共に日本代表として出場したスケートボード男子ストリート金メダリスト・堀米雄斗(XFLAG)はツイッターで「歩夢おめでとう」と幼少期の2ショットとともに投稿した。

  • 金メダル平野歩夢を9位の弟・海祝も祝福「見えない所で努力。獲るべきは兄ちゃんだった」

    2022.02.11

    北京五輪は11日、スノーボードの男子ハーフパイプ決勝が行われ、冬季五輪2大会連続銀メダルの平野歩夢(TOKIOインカラミ)が96.00点で日本スノーボード史上初の金メダルを獲得した。昨夏の東京五輪でスケートボードに出場。そこからわずか190日の決勝だったが、超大技「トリプルコーク1440」にも五輪史上初めて成功。2回目を終えて2位から、全体最終の3本目で大逆転金メダルを掴んだ。

  • 金メダル平野歩夢「ここを獲らずに終われない」 2本目低採点の「怒り」ぶつけた大逆転V

    2022.02.11

    北京五輪は11日、スノーボードの男子ハーフパイプ決勝が行われ、冬季五輪2大会連続銀メダルの平野歩夢(TOKIOインカラミ)が96.00点を記録し、日本スノーボード史上初の金メダルを獲得した。超大技「トリプルコーク1440」にも五輪史上初めて成功。2回目を終えて2位だったが、最後に逆転で悲願の金を掴んだ。銀メダルはスコット・ジェームズ(オーストラリア)、銅メダルはヤン・シェレル(スイス)。

  • スノボ平野歩夢、最終試技で大逆転金メダル! 東京五輪からわずか190日、五輪初の超大技1440も成功

    2022.02.11

    北京五輪は11日、スノーボードの男子ハーフパイプ決勝が行われ、冬季五輪2大会連続銀メダルの平野歩夢(TOKIOインカラミ)が96.00点を記録し、日本スノーボード史上初の金メダルを獲得した。昨夏の東京五輪ではスケートボードに出場。そこから僅か190日の決勝だったが、超大技「トリプルコーク1440」にも五輪史上初めて成功。2回目を終えて2位だったが、最後に逆転で悲願の金を掴んだ。銀メダルはスコット・ジェームズ(オーストラリア)、銅メダルはヤン・シェレル(スイス)。

  • 空飛ぶ平野歩夢、驚異のエアを収めた瞬間にネット絶句「人間あんな高く跳べるんだ…」

    2022.02.09

    北京五輪は9日、スノーボード・ハーフパイプ男子予選が行われ、平野歩夢が2回目に93.25点を記録し、1位で決勝進出を決めた。ダブルコーク1440を含め、高さのあるエアで魅了した日本のエース。米スポーツ専門局「NBCスポーツ」で解説を務めるスノーボーダーのトッド・リチャーズ氏は中継中にとらえた驚きのシーンを公開した。

  • 「最高到達地点5.2m!?」「防風ネット越えるよ」 平野歩夢の驚愕エアに米NBC実況席興奮

    2022.02.09

    北京五輪は9日、スノーボード・ハーフパイプ男子予選が行われ、平野歩夢が2回目に93.25点を記録し、1位で決勝進出を決めた。大技も披露したランに本場・米メディアの中継局も大興奮「最高到達地点17.11フィートだと!?」「信じられません!」と熱狂している。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集