[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

佐藤琢磨の記事一覧

  • 佐藤琢磨はなぜ勝てたのか 仲間でラーメンをすすった日、チームは1つになった

    2020.08.28

    世界三大自動車レースの一つ、伝統のインディアナポリス500マイル(インディ500)で、佐藤琢磨が2017年に続く2度目の優勝を果たした。一夜明けた24日、早朝から殺到する取材対応の合間に電話取材に応じてくれた佐藤は、真っ先にレイホール・レターマン・ラニガン・レーシングの仲間への感謝を語った。「みんなの笑顔を見て本当に勝ったんだなって改めて実感する時間があった。ドライバーがステアリングを握るまでにチームの努力とエネルギーが加わっている。ピットクルーもほんとにすばらしい仕事をしてくれて、ノーミステイクで送り出してくれた。それによって勝利に近づくことができた。チーム全員で勝ち取ったという思いが強い」。言葉に感慨を込めた。そして、「8年かかった」と悲願の制覇であったことを明かした。

  • 佐藤琢磨がずぶぬれ 伝統“ミルク浴び”に米喝采「最も速いサムライ、それがタクマ」

    2020.08.24

    世界三大自動車レースの一つ、インディアナポリス500マイル(インディ500)の決勝が23日(日本時間24日)に米インディアナポリスのインディアナポリス・モータースピードウエーで行われ、2017年に初制覇を果たした佐藤琢磨(ホンダ)が2度目の優勝を飾った。快挙を成し遂げた43歳が、歓喜のミルクを浴びる映像を米メディアが公開。ファンからも祝福が殺到している。

  • 佐藤琢磨、開幕戦は無念のクラッシュ 厳戒態勢での開催には「すごく感謝しています」

    2020.06.10

    新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、大幅なスケジュール変更を余儀なくされていた2020年のインディカー・シリーズ。6月6日にテキサス州フォートワースにあるテキサス・モータースピードウェーで、約3か月遅れで開幕した。米調査会社ニールセンによると、NBCで米東部時間午後8時というプライムタイムで生中継されたレースは、インディ500以外のレースでは2016年以来の最高視聴率をマークした。新型コロナウイルスの感染拡大で多くの米国スポーツが中断していることもあり、大きな関心を集めた。

  • なぜ佐藤琢磨は挑戦し続けるのか 弁護士の父に感化「法廷で戦う姿が衝撃だった」

    2020.02.17

    レーシングドライバー佐藤琢磨が17日、東京都内で行われたFWD富士生命の新CM発表会に、母の昭子さんと出席した。同日からオンエアされる新CM「はじめては、一生つづく。佐藤琢磨編」で共演する2人は、発表会でも微笑ましいやりとりで会場を温かい雰囲気で包んだ。また、高校時代の恩師・大澤進さん、鈴鹿レーシングスクールでの恩師・樽井良司さんもサプライズで登場。43歳を迎えてもなお、インディカー・シリーズの第一線で戦う佐藤は「いろいろな方のサポートがあって、ここまで来られた」と感謝を口にした。

  • 佐藤琢磨、「インディの奇跡」をもう一度― 日本人初の年間王者へ、必要なあと2勝

    2019.06.25

    自動車レースのインディカー・シリーズは23日、米ウィスコンシン州エルクハートレイクのロード・アメリカで第10戦の決勝が行われ、後半戦がスタートした。6番手から出た佐藤琢磨(ダラーラ・ホンダ)は10位に終わり、今季2勝目はならなかった。総合優勝争いでは前半戦終了時の5位から6位に後退。7戦を残す時点で、日本人初の年間王者を目指す戦いは正念場を迎えている。

  • 佐藤琢磨、2度目のインディ500Vへ カギは気温、「上がった方がチャンスがある」理由

    2019.05.25

    世界3大自動車レースの一つ、インディ500の決勝が26日(日本時間27日)にインディアナポリスで行われる。2017年に日本人初制覇の快挙を成し遂げた佐藤琢磨は、14番グリッドから2度目の栄冠を狙う。

  • 佐藤琢磨、伝統レースへ弾みつける完全V 勝因を自己分析「去年は慣れが必要だった」

    2019.04.11

    今季初勝利はピットストップを除き、一度も逆転を許さない完全勝利だった。4月7日に米アラバマ州バーミングハムのバーバー・モータースポーツパークで行われた自動車レースのインディカー・シリーズ第3戦決勝で、ポールポジション(PP)から出た佐藤琢磨が今季初勝利となる通算4勝目を挙げた。PPからの優勝は8度目で初だ。

  • 佐藤琢磨が「No attack No chance」を貫く理由 “米国の家族”が語る素顔とは

    2019.03.24

    インディカー・シリーズ参戦10シーズン目を迎えた佐藤琢磨。2017年に日本人ドライバーで初めてインディアナポリス500マイル(インディ500)を制したのは記憶に新しい。日本企業のNTTが冠スポンサーとなった今シーズンは、初の年間王者と2度目のインディ500制覇に挑む。

  • 佐藤琢磨、節目の10年目へ― 開幕戦リタイアも手応えの理由「去年の状況よりも…」

    2019.03.12

    インディカー・シリーズ参戦10年目を迎えた佐藤琢磨。3月10日(日本時間11日)に米フロリダ州セントピーターズバーグで行われた今シーズン開幕戦では76周目にマシントラブルが発生してリタイアとなり、19位という不本意な結果に終わった。20番グリッドからスタートし、8位まで順位を上げていただけに悔やまれる。ピットから残りのレースを見届けた佐藤は「もう少しエキサイティングなレースをしたかった。いきなりダウンシフトできなくなった。兆候はなく、一瞬だった」と振り返ったが、表情に暗さはない。むしろ、2年目を迎えるレイホール・レターマン・ラニガン・レーシング(RLR)での新シーズンに手応えを感じているようだった。

  • 室屋義秀、エアレース初のアジア人世界王者 佐藤琢磨も大興奮「僕らは陸と空を制した」

    2017.10.16

    小型プロペラ機を使用したモータースポーツ「レッドブル・エアレース」の最終第8戦が15日(日本時間16日)に行われ、室屋義秀が今季4勝目を挙げて日本人初の年間総合チャンピオンに輝いた。開催地の米インディアナポリスは、今年5月にレーシングドライバーの佐藤琢磨が世界三大レースのひとつである「インディ500」で日本人初、アジア人としても初の優勝を果たした地。会場となったインディアナポリス・モーター・スピードウェイには佐藤も駆け付け、喜びを分かち合った。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集