[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

佐藤琢磨、開幕戦は無念のクラッシュ 厳戒態勢での開催には「すごく感謝しています」

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、大幅なスケジュール変更を余儀なくされていた2020年のインディカー・シリーズ。6月6日にテキサス州フォートワースにあるテキサス・モータースピードウェーで、約3か月遅れで開幕した。米調査会社ニールセンによると、NBCで米東部時間午後8時というプライムタイムで生中継されたレースは、インディ500以外のレースでは2016年以来の最高視聴率をマークした。新型コロナウイルスの感染拡大で多くの米国スポーツが中断していることもあり、大きな関心を集めた。

インディカー参戦11年目を迎えた佐藤琢磨【写真:Getty Images】
インディカー参戦11年目を迎えた佐藤琢磨【写真:Getty Images】

徹底した感染対策、厳しい取材規制も

 新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、大幅なスケジュール変更を余儀なくされていた2020年のインディカー・シリーズ。6月6日にテキサス州フォートワースにあるテキサス・モータースピードウェーで、約3か月遅れで開幕した。米調査会社ニールセンによると、NBCで米東部時間午後8時というプライムタイムで生中継されたレースは、インディ500以外のレースでは2016年以来の最高視聴率をマークした。新型コロナウイルスの感染拡大で多くの米国スポーツが中断していることもあり、大きな関心を集めた。

【特集】オリンピック2連覇を目指す体操男子 日本代表監督が大切にする論理的思考 / 体操・水鳥寿思インタビュー(GROWINGへ)

 この大会は当初の日程で今季9戦目に組まれていたが、5月までのレースが中止または延期されたため、開幕戦となった。感染防止対策として無観客で行われ、公式プラクティスと予選、決勝を全て1日で実施するワンデイ・イベント。ドライバーやチームスタッフは最小限の人数に制限され、会場に入る際には健康診断を受けるなど厳しい対策が取られた。チームスタッフはマスク着用を求められ、ガレージ周辺では社会的距離を保つような工夫がされたという。各チームは通常より多いガレージを提供され、できるだけ密集を避けるような対策が取られていたようだ。ドライバーもヘルメットを脱いだ時には、国歌斉唱時なども含めてしっかりとマスクを着用する徹底ぶりだった。

 当日のレースを取材する報道陣の数も厳しい制限が設けられた。テキサス・モータースピードウェーの広報担当者によると、例年125~150ほどの取材パスを発行するが、今回はAP通信や地元紙ダラス・モーニングニュースなどの5媒体と、放映権を持つNBCに限られたという。多くのメディアが現地で取材できないことを考慮し、大会前にはビデオ会議アプリ「ズーム」によるオンライン記者会見が行われ、レース後も3位までが同じ形式でインタビューに応じた。

 主催者から毎レース後送られてくるドライバーのコメント集も、通常より分量が多めで、その辺からも一定の配慮が感じられた。インディカー関係者は「会場内に入れる人数制限がかなり厳しかったため、報道陣も通年通して取材する一部メディアに限られました。次の7月4日のレースでは枠を広げられればと思っています」とコメントした。

 NBCのテレビ・インタビューではドライバーと取材者がマスクを着用。他のスポーツでも同様の厳しい取材規制と感染対策が取られることが予想され、これが当面スタンダードな光景になりそうだ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集