[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

佐藤琢磨、伝統レースへ弾みつける完全V 勝因を自己分析「去年は慣れが必要だった」

今季初勝利はピットストップを除き、一度も逆転を許さない完全勝利だった。4月7日に米アラバマ州バーミングハムのバーバー・モータースポーツパークで行われた自動車レースのインディカー・シリーズ第3戦決勝で、ポールポジション(PP)から出た佐藤琢磨が今季初勝利となる通算4勝目を挙げた。PPからの優勝は8度目で初だ。

佐藤琢磨【写真:Getty Images】
佐藤琢磨【写真:Getty Images】

レース後の電話取材で明かした勝因は?

 今季初勝利はピットストップを除き、一度も逆転を許さない完全勝利だった。4月7日に米アラバマ州バーミングハムのバーバー・モータースポーツパークで行われた自動車レースのインディカー・シリーズ第3戦決勝で、ポールポジション(PP)から出た佐藤琢磨が今季初勝利となる通算4勝目を挙げた。PPからの優勝は8度目で初だ。

【PR】NPB&MLBがついに開幕! 野球を観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

「ポール・トゥ・ウイン」を達成したレース後、電話取材に応じ、「どの優勝も特別なものになるが、今日のは本当に最高だった。ポールポジションから勝つというのはドライバーとしては夢のようなレース。達成できたのはうれしかった。冬の間、車を良くするためにいろいろ試行錯誤をしてきた。去年非常に悔しい思いをしたレースがたくさんあったので、チームを誇りに思う」。参戦10年目の42歳は感情を高ぶらせていた。

 レイホール・レターマン・ラニガン・レーシングに6年ぶりに復帰した昨季は苦戦が続いた。序盤から思うような結果が出なかったが、7月の第11戦で3位に入ってようやく手応えを得て、第16戦でシーズン初優勝を挙げるとチームに自信が芽生えた。

「去年は新しいチームで慣れないといけなかった。競争力の激しいフィールドで時間がどうしてもかかってしまった。厳しいシーズンを送ったと思うけど、16戦目の1勝はすごく大きかったし、そこから得たヒントも大きかった。それを継続して繋げたから今日の優勝がある」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
伝統の一戦、今年はダゾーンで! 徹底ライブ中継&見逃し配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集