[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

佐藤琢磨が「No attack No chance」を貫く理由 “米国の家族”が語る素顔とは

インディカー・シリーズ参戦10シーズン目を迎えた佐藤琢磨。2017年に日本人ドライバーで初めてインディアナポリス500マイル(インディ500)を制したのは記憶に新しい。日本企業のNTTが冠スポンサーとなった今シーズンは、初の年間王者と2度目のインディ500制覇に挑む。

佐藤琢磨【写真:Getty Images】
佐藤琢磨【写真:Getty Images】

インディカー参戦10季目、マネージャーのフューセク氏が語る「佐藤琢磨という男」

 インディカー・シリーズ参戦10シーズン目を迎えた佐藤琢磨。2017年に日本人ドライバーで初めてインディアナポリス500マイル(インディ500)を制したのは記憶に新しい。日本企業のNTTが冠スポンサーとなった今シーズンは、初の年間王者と2度目のインディ500制覇に挑む。常に逆境に立ち向かってきた佐藤を支えるものは――。2010年からマネジャーとして公私にわたってサポートしてきたスティーブ・フューセク氏がレーサーの素顔を語ってくれた。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 佐藤はシーズン中、インディアナ州にあるフューセク氏の自宅を拠点に置く。奥さんと2人で暮らす同氏は「(42歳の)彼を息子と呼ぶことはできないが、弟のような存在」と家族ぐるみでサポート。奥さんが醤油とポン酢でマリネしたポークチョップ(通称:サトウ・ポークチョップ)をつくって新シーズンに送り出すのが恒例になっているという。全米各地を転戦する過酷なスケジュールをこなす佐藤にとっても、ツーリングやゴルフ、食事をともにできる米国の家族の存在は大きな支えとなっている。

「No attack No chance(挑戦しなければ、チャンスはない)」を信条とするスタイルを全米で広めたのは、12年のインディ500だろう。2位で迎えた最後の1周でトップの選手を抜こうとしてスピンし、壁に激突。あと一歩のところで頂点を逃したが、エキサイティングなレースを演出した佐藤の走りはファンの心をつかんだ。その意味でも、17年の初制覇は挫折を乗り越えた末の栄冠だった。同氏は「2012年の時、琢磨はまたチャンスが来ると語っていたが、僕は自信を持てなかった。この世界に30年いるけど、あそこまで近づいたのは初めてだったから。でも琢磨は決して諦めなかった。だからこそ、大きな勝利をつかむことができた」と振り返る。

 百戦錬磨のドライバーが集うインディカーで佐藤の強みは何か。フューセク氏は精神面を要因に挙げる。「レース場に限らず、常に何かにチャレンジしている。向上心が彼の原動力。難しく見える道でも切り開くことができる特別な才能がある。生まれ持ったものだろう」。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集