[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【今、伝えたいこと】グランプリ通算7勝 稀代の勝負師、池添謙一40歳の誓い「夢で終わるわけにはいかない」

新型コロナウイルス感染拡大により、スポーツ界はいまだかつてない困難に直面している。公式戦がスタートしたごく一部を除き、ほとんどの競技では試合、大会などのイベントが軒並み延期、中止が続いている。ファンは“ライブスポーツ”を楽しむことができず、アスリートは自らを最も表現できる場所を失った。

競馬の池添謙一騎手【写真:スポーツビズ提供】
競馬の池添謙一騎手【写真:スポーツビズ提供】

連載「Voice――今、伝えたいこと」最終回、三冠ジョッキーからのメッセージ

 新型コロナウイルス感染拡大により、スポーツ界はいまだかつてない困難に直面している。公式戦がスタートしたごく一部を除き、ほとんどの競技では試合、大会などのイベントが軒並み延期、中止が続いている。ファンは“ライブスポーツ”を楽しむことができず、アスリートは自らを最も表現できる場所を失った。

 日本全体が苦境に立たされる今、スポーツ界に生きる者は何を思い、現実とどう向き合っているのか。「THE ANSWER」は新連載「Voice――今、伝えたいこと」を始動。各競技の現役選手、OB、指導者らが競技を代表し、それぞれの立場から今、世の中に伝えたい“声”を届ける。

 最終回は競馬の三冠ジョッキー、池添謙一が登場。28日のG1宝塚記念(阪神・芝2200メートル)ではモズベッロ(牡4、栗東・森田)に騎乗する。大舞台で圧倒的な強さを発揮する稀代の勝負師は、再び大歓声の中でゴール板を駆け抜ける日を夢見ている。

 ◇ ◇ ◇

 池添が、最も得意とする舞台が今年もやってきた。

 ファン投票によって出走馬が決まるグランプリレースは年に2度行われる。初夏の宝塚記念と年末の有馬記念だが、池添は過去に宝塚記念を3勝、有馬記念を4勝。グランプリ通算7勝は史上最多で、“グランプリ男”の異名をとる。

 自身は「自覚はあります。(グランプリ男と)色々なところから言われるので、勝手に耳に入ってくる。宝塚と有馬で、7つも勝たせてもらっています。それもいい馬に乗せてもらっている中でのいい成績。どのレースでも、どのG1でも同じ気持ちで臨んでいます。グランプリだからと言って特別何か、ということはありません」と言うが、競馬ファンなら、ここ一番での池添の乾坤一擲の騎乗は誰もが知るところだ。

「勝負強いともよく言われるんですけど、自分ではわかりませんよね。周りから言われることは、悪い気はしません。あまり意識はしていないので、それがかえっていい方に出ているのかもしれませんね」

 今年はモズベッロとともにグランプリに挑む。急成長を遂げる4歳馬。年明けの日経新春杯で重賞初制覇。続く日経賞でも2着に入り、天皇賞(春)には5番人気で出走。3200メートルの距離が合わず7着に終わったが、古馬のトップクラスと渡り合える力をつけてきた。

 下馬評ではダークホースの域は出ないが、池添は「成長力がある馬。前走は初G1でしたし、距離が少し長かった。その点今回の2200は得意な距離になる。人気にはなりませんが、楽しみにしています」とワクワクを隠さない。何と言っても、7日の安田記念ではグランアレグリアの手綱を取って、断然人気のアーモンドアイを撃破。今夏主戦場にする函館から駆け付ける大一番では、虎視眈々と金星を狙っている。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集