[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ラグビー日本代表の若きキーマンに成長 25歳・姫野和樹が「読書」に取り組むワケ

9月20日。ラグビーワールドカップ2019日本大会が、いよいよ幕を開ける。夏季オリンピック、サッカーワールドカップと並び、世界3大スポーツイベントと称され、海外から約40万人のファンが4年に一度の祭典を楽しむために日本を訪れる見込みだという。ホスト国の日本はジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)の指揮の下、史上初のベスト8入りを目指し、“勝てる“チームを積み上げてきた。

日本代表FWの姫野和樹【写真:mika】
日本代表FWの姫野和樹【写真:mika】

代表デビューから2年の25歳が肌で感じる「世界」と「日本」

 9月20日。ラグビーワールドカップ2019日本大会が、いよいよ幕を開ける。夏季オリンピック、サッカーワールドカップと並び、世界3大スポーツイベントと称され、海外から約40万人のファンが4年に一度の祭典を楽しむために日本を訪れる見込みだという。ホスト国の日本はジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)の指揮の下、史上初のベスト8入りを目指し、“勝てる“チームを積み上げてきた。
 
【特集】ラグビー日本代表の若きキーマンに成長 25歳・姫野和樹が「読書」に取り組むワケ / ラグビー 姫野和樹選手(GROWINGへ)

 大一番を前に、チームの仕上がり具合を測る場となったパシフィックネーションズカップ(PNC)では、初戦のフィジー戦(釜石)で抜群のディフェンスからスピード感溢れるオフェンスに繋ぎ、34-21で勝利。2戦目となったトンガ戦(花園)では41-7と圧勝し、“勝てる”チームの片鱗を見せた。

 ラグビーでは、当該国の国籍を持たなくても、両親もしくは祖父母の1人が当該国で出生している選手、プレーする時点の直前まで36か月以上継続して当該国を居住地としていた選手であれば、代表チーム入りすることができる。そのため今回の日本代表チームも、FW陣を中心に屈強な体格を持つ海外出身選手が名を連ねる。その中でも一歩も引かぬアグレッシブなプレーで存在感を光らせるのが、バックローと呼ばれるFL(フランカー)やNO8(ナンバーエイト)を務める姫野和樹(トヨタ自動車ヴェルブリッツ)だ。

 日本代表デビューは2017年11月4日のオーストラリア戦だった。以来、代表として研鑽を重ねた日々は「濃い2年間」だったという。「25歳なんですけど30歳くらいになったんちゃうかな?って思うくらい年取った感じがする(笑)」と破顔するが、子供の頃から夢見た桜のジャージ。「その夢が叶っているわけですから、すごく充実していますよ」と声を弾ませる。

 この2年で大きな自信を身につけた。日本代表として戦うテストマッチはもちろん、代表選手を中心に構成されるサンウルブズやウルフパックの一員として海外チームと対戦。かつて日本はフィジカル面で不利とされてきたが、海外選手との肉弾戦を重ねた姫野は「日本人でも全然フィジカル的に負けていない」と言い切る。そればかりか「強みに変わりつつあるんじゃないかという風に思っています」とも続けた。「自信を持って臨むために、プロセスが大事だし、結果が大事」。身体に染み込ませた1つ1つの経験と手応えで得た自信のおかげで、今では「ワールドカップが楽しみ」と思える余裕が生まれた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集